悪天候の影響で、他チームより2週間前にリーグ戦が再開されたアビスパ福岡U−18(以下、アビスパ)。残念ながら、アウェーでのガンバ大阪ユースとの試合には敗れてしまった。
仕切り直しと行きたい、ホームでの試合は、首位に立つセレッソ大阪U−18(以下、セレッソ )を迎えた。
IMG_1740


試合前の円陣で、ゲームキャプテンを務める北島祐二選手から「クラブユース選手権準決勝で、何も出来なかった事を思い出して戦おう」と檄が飛んだ。 

IMG_1764

アビスパ福岡U−18 スタメン
GK 16 桜木 亮太 DF 2 坂口 翔太 3 利川 大貴 4 常陸 宙太 5 鷹巣 直希 6 桑原 海人
MF 10 北島 祐二 12 松田 友己 15 下川 草太 20 吉村 銀河 FW 11 庄司 一輝 

IMG_1758

セレッソ大阪U−18 スタメン
GK 21林 祥太郎 DF 4 石橋 崚雅 5 中島 稜斗 30 下川 太陽 MF 8 谷本 駿介 17 桃李 理永
      34 三渡洲 海鈴 24 土浦 直瑠 FW 18 藤尾 翔太 32 近藤 蔵波 34 吉田 有志  

試合序盤から、連動して高い位置からボールホルダーにチェックするアビスパ。 
激しいプレスに、なかなかボールの出しどころが無かったセレッソだったが、
後方でボールを回し、チャンスをうかがう。
IMG_1769

18分には高い位置でボールを奪い、早めにクロスを上げるが中には合わず。
しかしその6分後、左コーナーキックのチャンスを得ると、4番石尾選手の打点の高いヘディングシュートが決まり、アウェーのセレッソが先制する。
IMG_1775

苦手のセットプレーからの失点に、これまでだったら気落ちする事が多かったアビスパだったが、この日は違った。
先制されても味方同士、指示や要求が盛んに行われ、試合への意気込みが伝わる。 

31分には、左コーナーキックからのこぼれ球を12番松田選手がダイレクトボレーを放つが、セレッソディフェンダーが体を張って防ぐ。
その5分後にも、カウンターから11番庄司選手が強烈なシュートを放つが、ここもセレッソのゴールキーパー林選手のビッグセーブの前に防がれ、ゴールを割れない。
前半はこのまま、セレッソ1点リードで終えた。 

IMG_1785

後半、早い時間帯に同点に追いつきたいアビスパ。
開始2分、右タッチラインからのスローイングから、15番下川選手はゴール正面にパスを繋ぐ。
フリーで受けた北島選手は、ミドルレンジから得意の左足で強烈なシュートを放つが、ボールは惜しくもサイドネットをかすめる。

残り時間に期待が持てる、勢いのある攻撃だったが、相手の一瞬の隙を、首位のセレッソは見逃さなかった。
その3分後、ディフェンスの裏を取りシュートまで持ち込む。
果敢に前へ出て、シュートをブロックしたアビスパのゴールキーパー桜木選手だったが、シュートの勢いが勝りボールはゴールへと向かう。最後はセレッソ32番近藤選手に押し込まれ、2−0と点差を広げられてしまう。 
IMG_1804


出鼻をくじかれてしまったアビスパは、32分に右サイドでボールを繋いで、最後は5番鷹巣選手がヘディングシュートを放つが、ボールは惜しくも右へ。
交代で入った35番角田選手、39番石井選手もチャンスを作るが、林選手を中心に固いディフェンスを見せるセレッソゴールを、なかなか破れずにいた。
IMG_1811


しかし37分、右サイドを駆け上がった2番坂口選手のパスを、中央で受けた北島選手が混戦の中から冷静にゴールへ流し込み、アビスパが1点を返す。
IMG_1816


その2分後に、セレッソにPKを与えてしまい、絶体絶命のピンチも、桜木選手が横っ飛びで防ぎ、チームのピンチを救った。
しかし、アディショナルタイムまで力を振り絞って攻め続けたアビスパだったが、最後まで集中を切らさなかったセレッソからゴールを奪えず、2−1でセレッソが勝利を収めた。
IMG_1821


http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2018/west/match_page/m1008.html