高校サッカー選手権福岡県大会開幕まで、残り1か月になった。 
組み合わせも決まり、各チームの仕上がりが気になり、スケジュールの許す限り、
多くのチームを見たくて、県リーグの試合が行われる、東海大学付属福岡のグラウンドに
足を運んだ。 


豊国学園 スタメン
GK 1 君和田 陸人 DF 3 白川 連太朗 2 船津 成弘 4 濱川 凌摩  5 松下 綾希 6 金子 竜太郎
23 新開 淳平 MF 8 竹内 瑛士 9 長池 歩夢 11 加藤 陸 FW 10 村上 飛雄馬 

東海大学付属福岡 スタメン
GK 17 李 到烔  DF 3 河原 佑哉 4 冨士田 康人 5 原田 環 15 高橋 輝
MF 6 岡田 卓也 7 堤 太陽 8 江草 舜辰 10 大森 陸 11 高田 悠 FW 9 田原 佑真 

序盤から攻勢に出る東海大学付属福岡(以下、東海)。
開始7分に放った、10番大森選手のシュートは、豊国学園(以下、豊国)ゴールキーパーの君和田選手が目一杯伸ばした足によって防がれたが、その2分後に右サイドからのクロスに、6番岡田選手が
豪快なヘディングシュートを決め、東海が幸先良く先制。
IMG_2351

東海の流れで試合は進んで行くが、チャンスを決められずにいると、9番長池選手のスピードを生かしたカウンターで、反撃に出る豊国に徐々に流れが傾く。
40分には、その長池選手がドリブルからシュートまで持って行くが、シュートは東海ディフェンダーが辛うじてクリア。
IMG_2355

前半アディショナルタイムにも、左サイドで繋いで、折り返しを6番の金子選手がシュートを放つが、
ゴール上に外してしまい、前半は東海の1点リードで終える。

後半に入ると、東海の攻撃力が爆発する。
IMG_2370
IMG_2373

開始2分にコーナーキックのチャンスを得ると、4番のキャプテン冨士田選手が頭で合わせ2−0。
8分にPKで3点目を奪うと、16分から41分の間に5点を奪う猛攻を見せ、8−0で勝利を収めた。
IMG_2375

http://fukuoka-fa.com/wp-content/uploads/sites/3/2018/08/1部-.pdf