筑陽学園 スタメン
IMG_2605

GK 1野中 友椰 
DF 2 中垣 翔己 3 吉村 颯真 4 栗原 幸一郎 5 今坂 駿吾
MF 7 井手口 蓮 8 井伊 凜太朗 9 古賀 勇貴 20 古賀 敬仁 FW 10 赤石 匠 11 高原 夕輝

長崎総合科学大学附属高校 スタメン
IMG_2607

GK 1 内田 大輝 DF 2 朴宰賢  5 一倉 加偉 16 島田 蓮平  MF 10 仲田 瑠 13 一倉 李基
     18 篠田 翔太 20 鈴木 冬一 FW 7 千葉 翼 9 朴 倍漌5 柏木 澪弥 

 前回の対戦で負けた相手だけに、試合開始のホイッスルから、長崎総合科学大学附属高校
(以下、長崎総科)ゴールに攻め込む筑陽学園(以下、筑陽)。
開始5分に上げたゴール前のクロス。長崎総科のゴールキーパー、内田選手がパンチングで
弾くが、そのこぼれ球に反応した11番高原選手がシュート。これは惜しくも右に外れる。
IMG_2617


対する長崎総科も負けていない。17分にゴール前の混戦から、こぼれ球を拾った20番
鈴木選手が強烈なシュートを左足で放つが、筑陽のゴールキーパー野中選手が、横っ飛びで
がっちりキャッチ。
両チーム集中した守備で、なかなかチャンスらしいチャンスを作れない中、筑陽がワンチャンス
をモノにする。
26分、右タッチラインから投じられた、2番中垣選手のロングスローに、ニアで高原選手が
頭で合わせ、筑陽が先制点を奪う。
IMG_2625

追う展開となった長崎総科も、反撃に出る。
35分に左からのクロスに、中で鈴木選手が左足でダイレクトに合わせるが、
筑陽のディフェンダー4番の栗原選手が足でブロック。絶好の同点のチャンスを、防がれてしまう。
最後の所を、筑陽がやらせず凌ぎ切り、前半は1−0のまま終了した。 

後半に入ると、長崎総科の攻撃のギアが上がる。
交代で入った11番下地選手や、16番島田選手が相手の裏を取り、サイドから攻撃を
仕掛けるが、ゴールキーパー野中選手が立ちはだかり、シュートまで行けない。
フィールドの選手達も、ボールを奪われた選手へのフォローが早く、筑陽の集中した
守備が続き、長崎総科に同点ゴールを許さない。

IMG_2642

しかし20分、前に前に圧力を掛け続けた長崎総科がワンチャンスをモノにした。
左サイドを、島田選手がドリブルで仕掛け、相手のファウルでフリーキックのチャンスを得ると、
キッカーの下地選手のボールに、ファーサイドで柏木選手が頭で合わせ、ついに長崎総科が
試合を振り出しに戻す。
畳み掛ける長崎総科は、その2分後にもビッグチャンスが訪れる。
自陣からカウンターを仕掛けると、7番千葉選手が抜け出しシュート。
しかしこれは、帰陣した5番今坂選手がゴールライン手前で、スライディングしてブロック。
筑陽は、大きなピンチを防いだ。

ピンチを防いだ筑陽も、勝ち越しゴールを目指し反撃に出るが、チャンスは作るものの、
そこは長崎総科の守備陣も、最後の所は体を張ってやらせず、得点を許さない。 
試合は、アディショナルタイムに入ってもゴールは生まれず、1−1のドロー。
勝ち点1を分け合った。 
IMG_2650

その他の写真はコチラから↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/