19時キックオフのアビスパ福岡U−18(以下、アビスパ)対ヴィッセル神戸U−18(ヴィッセル)。
さすがにこの時間になると、秋風が冷んやりと感じ、薄手の長袖が必要な時期になったと感じる。
周りを見ても、長袖の方も少しずつ増えて来たが、それに混じって浴衣の女性がいたのも、
何だかユースの試合を楽しんでいる様で、とても会場が華やかに映った。

前節のアウェイ戦を1−0で勝利し、3連勝と波に乗るアビスパ。
今節のホーム戦でも、サポーターの目の前で4連勝を飾り、一緒に勝利を味わいたい。

アビスパ福岡U−18 スタメン
IMG_2681

GK 1桜木 亮太 DF 2 坂口 翔太 3 利川 大貴 5 鷹巣 直希 6 桑原 海人 8 小嶋 和典 33 森山 公弥
MF 10 北島 祐二 12 松田 知己 15 下川 草太  FW 11 庄司 一輝 

ヴィッセル神戸U−18  スタメン
IMG_2678

GK 1 多久美 景紀 DF 2 宋 勝鳳 4 小林 友希 5 右田 楓 20 坂口 薫
MF 8 船越 大夢 25 押富 大貴 FW 9 小田 裕太郎 10 原 尊 11 泉 柊揶 13 臼井 勇気  

試合前、藤崎監督が何度も口にした「最初の15分、とにかく集中して、相手を圧倒しよう」。
その言葉通り、この日ピッチに送り込まれたアビスパの選手達は、誰一人欠けること無く、
ボール1つに集中していた。 
IMG_2669

試合開始直後から、右サイドの11番庄司選手、前線の12番松田選手がスピードに乗った
ドリブルから仕掛け、何度もフリーキックのチャンスを作る。
なかなかボールキープ出来ないヴィッセルも、前掛かりのアビスパの背後を狙い、
14分には左サイドからのクロスに、10番原選手がペナルティーエリアに侵入。
絶好のシュートチャンスだったが、アビスパのゴールキーパー桜木選手が辛うじてボールをキャッチ。
アビスパは、桜木選手の好判断に救われる。 
その5分後にも、中盤でボールを繋ぎ、左サイドに居た11番泉選手へパス。
カットインからシュートを放つが、惜しくも右に外してしまう。

相手に渡りかけた時間を凌ぐと、この日中盤で存在感を発揮していた15番下川選手が、
セカンドボールを拾い続け、相手のチェックにも何食わぬ表情で、飄々とボールを散らし、
この日コンビを組んでいた、キャプテンの8番小嶋選手と共に、相手に的を絞らせず。
IMG_2728

徐々に落ち着きを取り戻し、試合のイニシアチブを握ったアビスパ。
20分には、その小嶋選手の後方からのグラウンダーのロングフィードから、ボールを受けた
10番北島選手が左サイドに居た6番桑原選手へ展開。桑原選手のシュートは、惜しくも上に
外れるが、先制点の匂いがして来た。
すると10分後、やはりこの選手が決めてくれた。
左タッチラインのスローイングから、ボールを受けた下川選手は北島選手へボールを託す。
すると得意のドリブルから、中へ中へとカットイン。
この形は、5分前と同じ形。
その時のシュートは、ヴィッセルゴールキーパーの多久美選手が右手一本で弾く、
ビッグセーブの前に防がれていた。
しかしこの場面、何度もフェイントを入れながら、相手ディフェンダーのマークをずらし右足一閃。
先程よりも厳しいコースに放たれたシュートは、流石の多久美選手も触れる事が出来ず。
そのままゴールに吸い込まれ、アビスパが待望の先制点を奪った。
IMG_2695


追加点を狙うアビスパは、桜木選手からのフィードを、3番利川選手が逸らし、北島選手が
バックヘッドで繋ぐと、松田選手が抜け出しシュートを放つが、多久美選手が体ごとブロック。
これ以上の追加点を許さない気迫で、ゴールを死守する。
IMG_2686


アディショナルタイムの1分が表示され、このまま前半が終わると思われた瞬間、
中盤でボールをキープしたヴィッセルが、大事に繋ぎ右サイドへ展開。
駆け上がった8番船越選手が、高速クロスをゴール前に上げると、13番臼井選手が
ワントラップからシュートを決め同点に。
神戸が最高の形で試合を振り出しに戻し、前半は1−1の同点で終了した。


後半勝負となった試合。
リーグ前半と違い、このままズルズル行かないのが今のアビスパの強さ。
開始4分には、相手の連携ミスからボールを奪った松田選手がドリブルで駆け上がると、
パスを受け取った利川選手が左足でシュートを放つが、ここも多久美選手が好セーブ。
その3分後にも、セカンドボールを拾い、北島選手がドリブルから右へ展開。
右サイドを駆け上がった、2番坂口選手のクロスから、利川選手がシュートを放つが、
惜しくもゴール上へ外してしまう。
IMG_2714


ため息が漏れるサポーター席だったが、筋トレが趣味という男は、3度目は外さない。
10分、左サイドを得意のドリブルで相手を切り裂く桑原選手。
ペナルティーエリアに切れ込むと、相手のチャージから体勢を崩すが、ボールは
ゴール前にマイナスのクロス。
利川選手は左足でゴールを突き刺し、アビスパが勝ち越しに成功する。
IMG_2726


勝ち越されたヴィッセルも、このままでは終わらない。
20分、左サイドからドリブルでペナルティーエリアに侵入した9番小田選手。
スピードに乗ったドリブルに、ファウルを与えてしまうアビスパ。
しかし、ここで立ちはだかったのは、ゴールキーパーの桜木選手。
相手のシュートコースを読み切り、ボールをがっちりキャッチ。チームのピンチを救う。
IMG_2767

それでも、地元神戸から駆けつけてくれたサポーターの声に後押しされたか、
ヴィッセルが驚異的な粘りを見せる。
徐々に中盤にスペースが生まれ始めると、後半から入った6番谷村選手らがスピードに乗った
攻撃を見せ、アビスパを自陣に押し込み始める。
すると30分、右サイドでフリーキックのチャンスを得ると、原選手のクロスに、
ファーサイドに居た5番右田選手がダイビングヘッドを決め、2−2の同点に追いつく。
IMG_2739


またしても、試合を振り出しに戻されたアビスパ。
ただ、ピッチ上の選手、ベンチ、そして福岡フットボールセンターに足を運んだサポーター。
誰一人、勝利を諦めていない熱を肌で感じた。

38分、その想いは、勝利に決着をつけるゴールを生む。
中盤から、小嶋選手が左サイドにスルーパスを送ると、桑原選手がドリブルで駆け上がる。
桑原選手がゴール前に送り込んだクロスに、中央から走り込んだ角田選手が、
混戦の中から右足でシュート。ヴィッセル守備陣も必死にクリアしたが、ゴールラインを
割ったという判定により、アビスパが勝ち越しに成功する。
IMG_2743

アディショナルタイムの3分、ヴィッセルも最後の反撃に出るが3度目は追いつけず、
アビスパ福岡U−18が劇的な勝利で4連勝を飾った。 
IMG_2754

http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2018/west/match_page/m1410.html