2週連続で、週末に台風の影響があった福岡県。
前日の試合などは延期になったりと、今年はスケジュール通りに行かず、
関係者の皆様のご苦労も、絶える事がないだろう。

この日の会場、東海大学付属福岡高校は、通り雨はあったものの、蒸し暑く
また夏が戻って来たかの様な天気だった。
早いもので、選手権開幕まで一週間を切った。
最終調整に入った、各校の試合に注目した。

IMG_2965

東海大学付属福岡高校
GK 17 李 到烔  DF 2 早川 峻央 3 河原 佑哉 4 冨士田 康人 5 原田 環 
MF 6 岡田 卓也 7 堤 太陽 8 江草 舜辰 10 大森 陸 FW 9 田原 佑真 14 川本 侑磨

IMG_2964

新宮高校 スタメン
GK 1 源川 響基 DF 2 世利 亘輝 3 岩隈 遥樹 4 丸山 直希  5 前薗 奏茉
MF 6 加藤 遼大 7 阿部 壮一郎 8 江頭 亮祐 10 窪田 圭祐 11 岡松 純平 FW 9 渋田 健吾
 
序盤からボールを支配した、東海大学付属福岡(以下、東海)のペースで試合は進む。
11分に、左からのクロスに9番田原選手が頭で合わせ先取点を上げると、
その1分後にも、右からのグラウンダーのパスを、14番川本選手が流し込み追加点。
IMG_2977

2点を追う形になった新宮も、17分にゴールキーパーの源川選手のロングフィードに、
9番渋田選手がバウンドを合わせ、ループシュートを放つが、惜しくも左に外れる。

更に追加点を狙う東海は、24分に得たペナルティーキックのチャンスを、
キャプテンの4番冨士田選手が落ち着いて決め、3点のリードを奪う。
IMG_2980

その後も猛攻を仕掛ける東海だったが、27分に8番江草選手のシュートを、
ゴールキーパー源川選手が左手一本で防ぐ、スーパーセーブでゴールを割らせず。
前半は、3−0東海リードで終える。

後方に入っても、東海の勢いは止まらず。
4分に左コーナーキックから、7番堤選手のシュートを、11番高田選手が角度を変えゴール。
その後も、6分間で3ゴールを奪った東海。
先ずは1点を返したい新宮も、良い攻撃の形は作るものの、フィニッシュの精度を欠き、
ゴールが奪えない。
26分にも、東海に追加点を奪われ8−0に。
試合はこのまま終了し、東海大学付属福岡が勝利を収めた。
 IMG_2994

その他の写真はコチラから↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/