IMG_3557

本日から、福岡県大会も二回戦。
シードされた8校にとっては、開幕となる大事な初戦を迎える。
福岡フットボールセンターと春日公園球技場に分かれて行われたこの日、
注目の試合「東福岡高校×飯塚高校」が行われる、春日の方へ足を運んだ。
絶対的王者と新興勢力の一戦。
ワクワクした一週間が過ぎ、目の前で行われた試合は、両校一歩も譲らない
好ゲームとなった。

IMG_3572

東福岡高校 スタメン
GK 1 松田 亮
DF 2 中村 拓海 3 中西 渉真 5 岩城 雄大 22 井﨑 涼輔 
MF 6 中村 拓也(C)8 野寄 和哉 16 牧山 晃政 17 井本 寛次 18 荒木 遼太郎
FW 20 境 悠人

IMG_3574

飯塚高校 スタメン
GK 12 竹村 謙吾 
DF 3 高山 遼 5 松本 竜拓 7 松木 康晃 22 轟 凌磨
MF 13 橋岡 佳(C)14 吉岡 陸 15 上野 優汰 17 村越 凱光 19 原田 泰知
FW 11 春本 騎士 

攻撃が持ち味の飯塚が、いきなり決定的なチャンスを迎える。
開始3分、相手のミスから、高い位置でボールを奪った17番の村越選手が、
思い切り良くシュートを放つが、東福岡の守護神松田選手がブロック。
弾いたところに、15番上野選手が詰めるが、このシュートも松田選手が正面でがっちり
キャッチ。飯塚は決定的な先取点のチャンスを逃してしまう。
IMG_3594
IMG_3595

5分にも、後方からのロングフィードからのセカンドボールを拾った、村越選手がシュートを
放つも、ゴールキーパーの正面。
ピンチが続いた東福岡も、ここから反撃。
中央から、右サイドの18番荒木選手にボールが渡ると、放ったシュートは右のポストに直撃。
さらに15分、中央でボールを受けた20番境選手が左へ展開。
17番井本選手の折り返しに、境選手が飛び込むも、惜しくもシュートはゴール上へ。 
22分には、ペナルティーエリア内のルーズボールに、走り込んだ8番野寄選手が
シュートも、左へ外れてしまう。
IMG_3599

30分過ぎから、徐々に試合は東福岡のペースに。
セットプレーから幾度もチャンスを作るものの、飯塚のゴールキーパー竹村選手が立ちはだかり、
東福岡に先取点を許さない。
攻撃に目が行きがちな飯塚だが、最後尾で飯塚ゴールを守る彼が居てこそ。
抜群の反射神経でボールを掻き出し、チームのピンチを何度も救う。
東福岡が押し込みながらも、飯塚が最後のところはやらせず。
両校無得点で前半は終了した。
IMG_3604


後半に入っても、東福岡の勢いは止まらず。
7分には9番の大森選手も投入し、この状況を打開しに来ると、左サイドからドリブル
を仕掛けた、東福岡のキャプテン6番の中村選手のクロスが、ブロックに来た飯塚の選手の
手に当たり、PKを獲得する。
キッカーは中村選手。
中村選手のシュートは、ゴール左下隅に向かったが、竹村選手が横っ飛びで防ぎ、
チームの窮地を救う。
IMG_3644

流れを変えたい飯塚も、村越選手がドリブルで仕掛け、シュートまで持っていくが、
東福岡の2番中村選手がブロック。左コーナーキックのチャンスも、松田選手のパンチングに
防がれてしまう。
IMG_3649

ゴールは生まれないものの、果敢に攻め合う両校。そして、その攻撃に両校ゴールキーパーの
美技の連続で、80分があっという間に経過。
アディショナルタイムの東福岡の攻撃も、飯塚は凌ぎ切り、白熱した試合は延長戦へと突入。

IMG_3666
IMG_3689

延長前半2分、右コーナーキックのチャンスを掴んだ飯塚だったが、ニアで合わせた
シュートは松田選手の正面。
対する東福岡も、左コーナーキックのチャンスを掴むものの、竹村選手を中心に、
全員が体を張って防ぎ、ゴールを許さない。
延長後半に入っても、両校セットプレーからチャンスを迎えるも、集中力を切らさない
両チームの守護神。
延長戦での20分でも決着がつかず、勝敗の行方はPK戦へと委ねられた。 
IMG_3724

5番岩城選手、大森選手が決めて、リードを奪った東福岡が、3本のシュートストップの
ビッグセーブを見せた松田選手の大活躍もあり、長い、そしてあっという間の時間にピリオド
を打った。
IMG_3757

粘り強い飯塚にPK戦までもつれ、苦戦を強いられた東福岡だったが、何とか初戦を
突破し、ベスト8へ進出を果たした。 
 IMG_3780

福岡県大会 結果
http://fukuoka-fa.com/wp-content/uploads/sites/3/2018/10/30選手権二次組合せ1.pdf
その他の試合の写真はコチラ ↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/