東福岡高校サッカー部 選手コメント
IMG_4172
MF 7 福田 翔生 選手
Q 試合の感想をお願いします。
「絶対決めるって思っていたし、負けるって言葉が浮かばなかったので、もうやるだけで、
決めるだけでした」
Q ベンチから見ていて、高稜の守備をどう見ていましたか?
「だいぶ引いていたので、攻めづらかったというのがあった。でもあれだけ守られて、
決めるっていうのはデカイと思います」
Q 交代でピッチに出た時、監督から何か指示はありましたか?
「持ったら仕掛けても良いって言っていたので、思い切りやろうと。
それが結果に結びついたので良かったです」
Q 貴重な同点ゴールのシーンを、振り返って下さい。
「味方が頑張って、粘ってくれたので、もう自分は絶対決めてやろうと、しっかり
押し込んで決められたので、本当に良かったです」
Q その後、中村駿介選手が逆転ゴールを決めましたね。
「いやぁ流石ですね。あの場面で、途中出場で結果を残すのは、凄い事だと思います」
Q 飯塚戦、そして今日の試合でも、攻撃にアクセントをつけていました。
「そこが自分の持ち味なんで、もっと良い結果を求めて、やって行きたいと思います」
Q 次の試合に向けての意気込みをお願いします。
「もう絶対勝つしかないので、チームみんなで勝ちたいと思います」
 
IMG_4191
DF 21 中村 駿介 選手
Q 今の感想をお願いします。
「勝てて、本当に良かったです」
Q 逆転ゴールを振り返って下さい。
「もう絶対に、負けられないんで。絶対に決められると思っていたので。
しっかり良いボールが来たので、決められました」
Q 相手にリードされていた場面での出場。どういう思いでピッチに入りましたか?
「先週はメンバー外だったので、ここで決めたら良い評価になると思って入りました」
Q 先週に続いて、ここ1番での勝負強さが東福岡にはありますが、勝てる要因は?
「プライドと感謝があって。学校側からも応援されていて、負けられないという思いがあって、
そこで底力が出たと思います」
Q 次の試合に向けての意気込みをお願いします。
「また同じ場面が生まれるかもしれないので、途中から出ても、しっかり決めて勝ちたいです」

IMG_4134
DF 4 西田 翔央 選手 
Q 試合を終えられた感想をお願いします。
「やっぱりディフェンスは、ゼロっていうのを目標にしていたので、1失点したのは
反省しなきゃいけないんですけど、この失点を次に繋げて、次はゼロに抑えられる様に、
やって行きたいと思います」
Q この試合に向けて、チームで確認しあった事は?
「やっぱりインターハイでも、この様な戦いで戦っているので。ディフェンスとしては、
一発のカウンターを気をつけて、リスク管理だけをしっかりやっていました」
Q その警戒していたカウンターで、先に失点してしまいました。
「やっぱりゼロで抑えるっていうのが、ディフェンスの仕事だと思うので、
決められた事は本当に反省して、次の試合までに修正して行こうと思っています」 
Q いつ振り以来の公式戦でしたか?
「10ヶ月振りくらいですかね!? 笑 。試合前は緊張していたんですけど、
試合に入ったらあまり緊張しませんでした」
Q 難しい試合を勝てる要因は?
「やっぱり『ヒガシ』だというプライドだったり、絶対に負けられないという思いだったり。
自分達の目標はあくまで『全国制覇』っていうのがあるので、県大会でも1個1個
負けられない。そういうプライドがあると思います」
Q 次の試合に向けての意気込みをお願いします。
「次も簡単な戦いじゃないと思うので、ディフェンスはゼロにこだわって、
しっかりと勝って行きたいと思います」