IMG_5247
選手権大会が終わって2週間。
福岡も随分冬らしく寒くなり、またこの場所で予選が始まるんじゃないかと
思えた福岡フットボールセンターの景色。隣のコートでは、全国への切符を賭けて、
U−12の大会が行われていた。

全国への夢が断たれた3年生の多くは部活を引退し、それぞれの道を歩み始めていると
思うが、まだ別の戦いが続いている学校もある。
プリンスリーグ九州で戦う、筑陽学園と九州国際大学付属高校である。
ここまでのリーグ戦、筑陽学園は7位、そして九州国際大学付属高校は9位。
残り2節となったリーグ戦の、最後のホームゲーム。
引退を控える3年生と、その背中を見て戦えるのも僅かとなった1、2年生。
それぞれの想いが交錯する中、2つの試合のキックオフの笛がなった。

11時にキックオフされたのは、ここまで首位を独走中のサガン鳥栖U−18(以下、鳥栖)
を迎え撃つ筑陽学園(以下、筑陽)との対戦。
鳥栖はここまで16試合で最多得点の80得点と、1試合平均5点を奪う攻撃力も持ち味だが、
守備も最小失点と、このリーグでは群を抜いている存在。
春に行われたサニックス杯でも3位と、その実力に疑いの余地はなかっただけに、
この成績もうなずける。
そんな強豪相手に、県大会準優勝校の筑陽が、どんな戦いを見せてくれるのかに注目した。 IMG_5255
筑陽学園 スタメン
GK 1野中 友椰
DF
 2 中垣 翔己 3 吉村 颯真 4 栗原 幸一郎 18 今坂 駿吾
MF 7 井手口 蓮 8 井伊 凜太朗 9 古賀 勇貴 20 古賀 敬仁 
FW 10 赤石 匠 12 河津 弘朋

IMG_5254
サガン鳥栖U−18 スタメン
GK 1 板橋 洋青
DF 2 林 幸多郎 23 野村 佳楠
MF 3 大畑 歩夢 6 盧 泰曄 7 兵働 透生 8 松岡 大起
  11 三好 辰典 13 本田 風智 14 山口 隆希
FW 9 秀島 悠太

キックオフと同時に、筑陽ゴールに襲い掛かる鳥栖は、7分に7番兵働選手のドリブルで
得た、右コーナーキック付近からのフリーキックのチャンス。
ショートコーナーからゴール前にクロスを上げるが、筑陽のゴールキーパー野中選手の
パンチングの前に防がれる。
IMG_5269
13分にも、中盤で細かくパスを繋いでシュートまで持って行くが、惜しくも右ポストに
弾かれてしまう。
最初の猛攻を凌いだ筑陽も、17分に7番井手口選手が得たフリーキックのチャンスから、
混線の中から溢れて来たボールに、最後は20番古賀選手がシュートを放つが、鳥栖守備陣も
体を張ってブロック。
IMG_5278
素早い帰陣で、自陣にブロックを敷く筑陽相手に、ボールは保持するものの、出しどころが無く、
なかなか攻撃にリズムが生まれない鳥栖。
それでも、28分には右コーナーキックから14番山口選手、29分には流れの中から
2番林選手と立て続けに惜しいシュートを放つも、ゴールには結びつかず。
31分には、前からのプレッシングで敵陣でボールを奪い、ショートカウンターから13番
本田選手が豪華なシュートを打つが、守護神野中選手が横っ飛びでセーブ。
最後の所を絶対にやらせない、集中した守備を見せる筑陽のディフェンス陣。 
IMG_5291
すると徐々に攻撃にもリズムが生まれ、37分にはコーナーキック。
40分には流れの中からチャンスを作るが、シュートまでは持って行けず。
このまま両チーム無得点で、前半を終えると思われたアディショナルタイム。
その僅かな隙を見逃さなかった鳥栖が、ついにゴールを奪い均衡を破る。
IMG_5293
残り僅かの時間でも、ゴールを奪う事を止めなかった鳥栖は、カウンターから山口選手の
スルーパスに抜け出した11番三好選手が、ドリブルからゴール左隅に突き刺さるシュート
を決め先取点。鳥栖にとっては、攻めあぐねていただけに最高の形で前半を終えた。

IMG_5307
前半終了間際の失点で、追いかける立場となった筑陽。
後半開始から鳥栖ゴールに攻め込み、左コーナーキック付近からのフリーキックのチャンス。
ゴール前に上がったボールに、4番栗原選手が頭で合わせるが、鳥栖のゴールキーパー
板橋選手ががっちりキャッチ。
5分にも、中盤で相手のミスからボールを奪いショートカウンター。スルーパスに
抜け出した10番赤司選手が倒され、フリーキックのチャンスを得るも生かせず。
流れが来ていただけに、この時間帯にどうしてもゴールが奪いたかった筑陽だったが、
その願いは、9番古賀選手の左足によって叶えられる。
IMG_5310
6分、ゴール正面の絶好の位置からのフリーキック。左足から放たれたシュートは、
綺麗な弧を描きながら右ポスト内側に当たり、そのままゴールに吸い込まれる、
ビューティフルな同点ゴールで、筑陽が試合を振り出しに戻す。
IMG_5312

同点に追いつかれ、少し攻撃も停滞していた鳥栖ベンチは、選手交代でこの状況を打破すべく
手を打って来る。
IMG_5318

後半20分に、得点ランキング5位でアシストでは1位の10番石井選手を投入。
すると、絶妙なポジションでボールを受け、素早いボール回しを見せる石井選手。
36分には後方から繋いで、最後は左サイドからのクロスに最後は自らシュートを放つ
石井選手。これは惜しくもゴールキーパー野中選手の正面を突くが、攻撃にリズムが生まれ、
徐々に鳥栖に流れが傾いて行く。 
すると39分、右サイドを走る兵働選手に見事なスルーパスを通すと、そこからの
ゴール前に折り返されたボールに、中央を走り込んだリーグ得点王の9番秀島がダイレクトで
合わせ、ついに鳥栖が2−1と勝ち越し。
IMG_5324

さらに畳み掛ける鳥栖は、その1分後にも、秀島選手が後方からのパスを抜群のキープ力で
タメを作ると、最後は11番三好選手がゴールを決め駄目押しの3点目。

ホーム最終戦で負けられない筑陽は、フォワードの11番高原選手を投入し、最後の
反撃に出るが力及ばずタイムアップ。
サガン鳥栖U−18は、首位の貫禄を見せつけて3−1で勝利。
次週鹿児島で行われる最終節は、リーグ3位で選手権大会宮崎県代表の日章学園と対戦。
IMG_5338

敗れた筑陽学園は、今日九州国際大学付属高校が敗れた、大分トリニータU−18と対戦。
最後は勝利で締めて、チーム全員が笑顔で終えられる事を心の底から望んでいる。 
IMG_5334

その他の試合の写真はコチラ ↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/
公式記録
http://football-system.jp/fss/pubGameResultConf.php 
高円宮杯 JFA U−18サッカープリンスリーグ2018九州 日程
http://www.pl-kyushu.com/score/