IMG_5678
4月から始まった、高円宮杯プレミアリーグも残り2節。
創設時から、ユース世代最高峰のこのリーグで戦い続けている東福岡高校(以下、東福岡)。
今期も、波はあったものの上位を維持し、優勝を狙える位置に居たが、前節の敗戦によって、
その可能性は、残念ながら消滅。
しかし、選手たちにとっては、残り2節はただの消化試合ではない。
出場を決めている選手権に向けての選手間の競争は、もうすでに始まっている。
試合前のアップや、試合後に行われていたトレーニングでも、これが強豪校の証とも思えるほど
激しく行われていた。
今節の相手は、同じく選手権大会に出場を決めている、米子北高校(以下、米子北)との一戦。
同じ高体連相手には、絶対に負けてはいけない、この一戦。
東福岡が、どんな戦いをするのかに注目をした。

IMG_5692

東福岡高校 スタメン
GK 1 松田 亮
DF 2 中村 拓海 3 中西 渉真 4 西田 翔央 15 丸山 海大
MF 6 中村 拓也 8 野寄 和哉 11 井本 寛次 18 荒木 遼太郎 19 知花 康士朗  
FW 9 大森 真吾

IMG_5698
米子北高校 スタメン
GK 1 岩田 大河
DF 2 田中 秀磨 4 阿部 優貴 14 高橋 祐翔 25 野嶋 健人 32 横山 凌雅
MF 8 高橋 諒 11 原田 海 13 安田 竜大
FW 10 岡田 大和 31 﨑山 友太

IMG_5701
試合開始から、ボールを保持し回す東福岡相手に、しっかりブロックを敷いて守る米子北高校。
東福岡も回しながら、左サイドの11番井本選手がドリブルで仕掛け、ゴール前にクロス、
切れ込むものの、14番高橋選手と32番横山選手が対応し、攻撃を跳ね返し続ける。
そんな中でも、わずかな相手の隙を突いて、ゴール前に迫る東福岡。
20分には、中盤の6番中村選手のパスを受けた、19番知花選手がペナルティーエリア前で
トラップから素早くシュートを放つが、惜しくもディフェンダーに当たる。

その2分後にも、素早いパス回しから、ラストパスを受けた18番荒木選手がシュートを狙うが、
惜しくも米子北のゴールキーパー岩田選手の正面に。
29分には、左サイドからパスを受けた6番中村選手が、ゴール正面の知花選手へラストパス。
ボールを受けた知花選手は、ディフェンダーをかわしシュートを放つが、惜しくもゴールポスト
左に直撃。
IMG_5704
31分の攻撃も、左サイドを切れ込んだ井本選手のグラウンダーのパスを、9番大森選手が
ワンタッチで合わせ、シュートを流し込むが、米子北もスライディングでブロック。
先取点を奪えるチャンスは多くあったが、なかなかゴールを割らせてもらえない。
今季のチームの特徴でもある、両サイドバックの2番中村選手、3番中西選手が中盤に入ったり、
ポジションチェンジなども繰り返したが、米子北の固い守備を崩せず、先取点を奪えず。
 IMG_5707
IMG_5709

対する米子北も、固い守備からカウンターを仕掛けるが、東福岡の4番西田選手と15番丸山選手の
両センターバックが跳ね返し続け、シュートまで持って行くことが出来ず。
それでも、執拗にカウンターを仕掛けて行くと、チャンスは巡って来るモノ。
前半も残り僅かとなった44分、自陣からのカウンターから、31番﨑山選手が抜け出し、
左隅にシュートを放つが、東福岡の守護神松田選手の好セーブにあい、先取点とはならず。
IMG_5715
IMG_5716

両チーム、自らの特徴、ストロングポイントを出しながらも、ゴールだけが生まれず。
無得点のまま、前半を終えた。


後半、最初にチャンスを掴んだのは米子北だった。
左サイドを突破した﨑山選手が、クロスを上げると、ゴール前に飛び込んできた8番高橋選手が
シュートを狙うが、松田選手ががっちりキャッチ。
IMG_5719
先取点を奪いたい東福岡は、後半頭から、選手権福岡大会でブレイクした39番青木選手。
さらに13分にも、フォワードの23番中村選手を投入。
この采配が、ズバリと当たる。
14分には早速、左サイドを突破した青木選手のクロスに、23番中村選手がシュートを放つが、
これは惜しくもゴールキーパーの正面を突くが、その5分後に、右サイドへポジションを変えていた
ゴールハンターが遂にゴールを奪う。
左サイドの青木選手からのパスを受けた荒木選手が、逆サイドに振ると、そこに居たのは大森選手。
角度の無いところから、僅かに中へ切れ込むと左足でシュート。
ボールはゴールに突き刺さり、遂に東福岡が先取点を上げる。
IMG_5726

これで勢いが加速した東福岡は、21分にも左サイドを攻略し、中西選手のクロスを、23番中村選手
が頭で合わせ追加点。
IMG_5728

30分にも、ゴール前に上げたクロスのクリアに手間取った、相手のミスを見逃さなかった、大森選手がボールをかっさらい、最後はゴールへ流し込み3点目。

1点でも返したい米子北だったが、なかなかシュートまでは持って行けず。
アディショナルタイムに得た、ゴール正面での絶好のフリーキックのチャンスも、4番阿部選手の
シュートは右のクロスバーに当たり万事休す。
IMG_5743
IMG_5745

前半は無得点で終わったものの、しっかり後半は修正して来た東福岡高校。
守備でも無失点で抑え、3−0でホーム最終戦を勝利で飾り、最終節のアビスパ福岡U−18との
福岡ダービーに、弾みをつけた。 
IMG_5748
最終節 12月9日(日)
アビスパ福岡Uー18×東福岡高校
13:00キックオフ@福岡フットボールセンター Aピッチ

試合結果
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2018/west/match_page/m1709.html
プレミアリーグ WEST 順位
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2018/west/standings/