IMG_5949

1月14日、青森県代表の青森山田高校が頂点に立ち、全国の高校生達が目指し、
3年生達が夢にしていた物語が完結した。
そして新たに1、2年生達の、長いようで短い物語がスタートする。 

福岡県では1月19日から、新人大会の本戦が開幕。
この日は各地域の学校での試合だったので、福岡市南区柏原にある柏陵高等学校へと足を運び、
ワクワクさせてくれる選手、チームとの新たな出会いに期待して。

先ずは第1試合に行われた、八女学院高等学校と柏陵高等学校との試合を振り返る。

IMG_5972
八女学院高等学校 スタメン
GK 1 堤 真統
DF 2 片山 泰嘉 3 井上 冬哉 4 鶴 未早 5 松崎 剛士
MF 6 筬島 将太郎 8 近藤 淳弘 14 野田 幸輝 16 平嶋 風麻
FW 9 甘城 智真 10 原 好伸(C)

IMG_5970
柏陵高等学校 スタメン
GK 1 大谷 梨真
DF 2 平木 大雅 3 長野 海飛 4 松村 大地 5 岡 隼汰
MF 6 芝 祐輔 8 田中 大輝 9 山下 禅周 14 前原 充希
FW 10 釜野 裕介 11 嶋崎 俊太

初戦の硬さも見られず、積極的にゴールを狙う両チーム。
最初にチャンスを迎えたのは、柏陵高等学校(以下、柏陵)。
相手のクリアボールを拾った、2番の平木選手が左サイドからクロスを上げると、
ファーサイドにいた9番山下選手がシュートを放つが、八女学院高等学校(以下、八女学位) 
のディフェンダーが間一髪クリア。決定的なチャンスを防がれてしまう。
IMG_5985

21分にも、裏へ抜けた11番嶋崎選手がゴールキーパーとの1対1の場面も、
右へシュートを外してしまい、八女学院に流れが渡るかと思われた。 
しかしその2分後、その嫌な展開をついに打破する。 
相手のフリーキックのチャンスを防ぐと、素早くカウンターを仕掛け、6番芝選手がドリブル。
相手ディフェンダーを引きつけ、8番田中選手へボールを預け、田中選手はゴール前にラストパス。
最後は、9番山下選手が八女学院のゴールキーパー堤選手の動きを見て、冷静にループシュート
を決め、柏陵が待望の先制点を奪う。
IMG_5997

その後も試合を優位に進めた柏陵は、前半の内に追加点を狙うも奪えなかったが、
後半開始3分、センターサークル付近で得たフリーキックのチャンスから、ゴール前で
繋いで、最後は11番嶋崎選手が押し込み2−0と点差を広げる。
 IMG_6022

2点を追う八女学院も反撃に出るが、センターバックの3番長野選手と4番松村が跳ね返し、
ボランチの6番芝選手と14番前原選手がしっかり回収し、八女学院に流れを渡さず。
IMG_6034

それでも試合終盤、猛攻を仕掛けた八女学院は70分、中盤でボールを拾った12番原選手
からのパスを、途中出場の11番栁選手が落ち着いて決め1点を返した。
IMG_6048

しかし、試合はそのままタイムアップ。
2−1で勝利した柏陵が、次のラウンドへ駒を進めた。
IMG_6052

大会 組み合わせ
http://fukuoka-fa.com/wp-content/uploads/sites/3/2019/01/30新人組合せ.pdf
その他の写真はコチラから ↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/