IMG_7918
「サニックス杯 国際ユースサッカー大会 2019」も、折り返しの3日目。
この日から、予選リーグ上位2チーム(サニックス杯)と下位2チーム(グローバルアリーナ杯)
に分かれて、トーナメント方式で行われる。(その後は順位決定戦へ)
先ずは、グループCを2位で通過した東福岡高校(以下、東福岡)の初戦の相手は、グループAを
1位で通過した、選手権大会の覇者青森山田高校(以下、青森山田)。
同じ高体連のライバル校同士の一戦は、1点を争う見応えのある試合となった。

IMG_7920
青森山田高校 スタメン
GK 12 韮澤 廉
DF 2 内田 陽介 3 神田 悠成 4 箱﨑 拓 5 藤原 優大
MF 6 古宿 理久 7 松木 玖生 8 浦川 流輝亜 10 武田 英寿 11 後藤 健太 11 金 賢祐
FW

IMG_7919
東福岡高等学校 スタメン
GK 1 野見山 大
DF 4 丸山 海大 5 大串 啓太郎 13 徳丸 陵雅 15 森川 英智   
MF 6 國府田 駿 7 水野 畝蓮 8 佐藤 湧大 10 荒木 遼太郎 11 阿部 静輝
FW 9 田中 角栄

IMG_7937
ファーストシュートは、東福岡の11番阿部選手が強烈なミドルシュートを放つも、ゴール上に。
そこから両チーム、自らの形でゴール前まで責めるものの、 最後まではやらせてもらえず。
東福岡がボールを持つ時間が長かったが、青森山田の固い守備の前に崩せず、徐々にシュートまで
行けなくなった。 
青森山田も、14分に左サイドで得たフリーキックのチャンスから、2度シュートチャンスが巡った
が、決め切る事が出来ず。
東福岡の攻撃を跳ね返し続けた青森山田は、28分、ワンチャンスをモノにする。
センターライン付近でボールを奪うと、素早く右に展開し、10番武田選手がゴール前に折り返す。
ゴール正面でボールを受けた、14番金選手は落ち着き払ったプレーで、シュートを決め、
青森山田が均衡を破る。
IMG_7939
IMG_7940


失点を許した東福岡は、31分には中盤でパスを繋いで、15番森川選手の低いクロスに、ニアで
6番國府田選手が飛び込むも、惜しくも右に外れてしまう。
34分には右コーナーキックから、こぼれ球を阿部選手がシュートを放つが、右に外れてしまい、
青森山田の1点リードで、前半を終える。
IMG_7942

IMG_7954
後半追いつきたい東福岡は、10分に一気に4人替えし、反撃のスピードを加速させる。
その5分後に、カウンターを仕掛け、右からのクロスに、途中出場の17番青木選手が飛び込むも
ゴールとはならず。
29分にも左からの高速クロスに、19番遠藤選手がペナルティーエリアに進入するも、青森山田の
ゴールキーパー伊藤選手が好セーブで逃れ、得点を許さない。 
そこから得た右コーナーキックのチャンスも、16番佐藤選手の強烈なミドルレンジのシュートに、
5番藤原選手が体を張ってブロック。
再三再四、東福岡が仕掛けて来る攻撃を、はね返し続けた青森山田高校が、虎の子の1点を守りきり、
1−0で勝利を収め準決勝へ駒を進めた。
IMG_7966
IMG_7969

大会公式サイト
https://sanix-sports.info/soccer/