IMG_8492
IMG_8494

3月16日から始まった「第23回福岡県サッカー選手権大会(天皇杯 代表決定戦)」も、いよいよ準決勝、そしてギラヴァンツ北九州が待つ決勝の、残り二試合となった。
ギラヴァンツ北九州への挑戦権を賭けて、準決勝に残ったのは、昨年の代表の福岡大学(以下、福岡大)と、九州産業大学(以下、九産大)の2チーム。
来週開幕する、九州大学リーグへ弾みをつける為にも、負けられない両チームの一戦。
その試合は、冷たい風が時折吹く福岡フットボールセンターを、熱気で覆う好ゲームとなった。

IMG_8512
福岡大学 スタメン
GK 21 真木 晃平
DF 3 河野 秀汰 5 饗庭 瑞生 12 阿部 海斗 23 前野 翔伍
MF 6 河原 創 7 井上 健太 8 大熊 健太 20 倉員 宏人 
FW 10 梅田 魁人 17 梅木 翼 
IMG_8514
九州産業大学 スタメン
GK 1 緒方  伊吹
DF 3 浅尾 絋熙 4 藤井 義治 5 斉藤 諒 20 佐伯 僚
MF 7 綾部 廉太郎 10 黒木 朋弥 11 友田 滉己 14 別府 尊至 18 佐藤 光
FW 9 本郷 大生 

開始3分、6番河原選手が果敢にミドルシュート。九産大ディフェンダーが体を張ってブロックしたこぼれ球に、17番梅木選手が詰めるもオフサイドの判定。
9分には10番梅田選手のポストプレーから、右サイドでパスを受けた7番井上選手が、スピードに乗ったドリブルからシュートを放つも、これも九産大ディフェンス陣がブロック。
キックオフと同時に、激しくプレスを掛けてくる福岡大に、なかなかリズムが作れなかった九産大だったが、この序盤の攻撃を凌ぐと、徐々に流れを手繰れ寄せる。
11分には、左からのスローイングから、14番別府選手がシュートするも、これは福岡大のゴールキーパー真木選手の正面。
更に、続け様に福岡大のディフェンスの裏を突くも、オフサイドの判定。
この日1トップに入った、9番本郷選手に楔のパスを入れ、左サイドから3番浅尾選手、18番佐藤選手がチャンスを作るも、福岡大3番河野選手と5番饗庭選手の両センターバックの高い壁が阻み、シュートまで持っていけなかった。
IMG_8519
IMG_8522

前半30分まで、攻守の切り替えが早い、かなりのハイスピードで進んだ試合も、ここから両チーム共にボールを保持する時間が増え、互いの特徴が出た攻撃がゴール前で生まれてくる。
勢いが続く九産大は、31分には中盤でボールを奪ってから、浅尾選手がゴール前にグラウンダーのクロス。更に1分後には、右サイドで得たフリーキックのチャンスから、4番藤井選手が飛び込むもゴールとはならず。
九産大の時間帯が続いた福岡大も、河原選手が中盤でチームを鼓舞し続け、流れを引き寄せると、38分には左サイドからの8番大熊選手のクロスに、梅田選手がシュートを放つも、九産大守備陣がブロック。40分には、梅木選手が絶好の位置でフリーキックのチャンスを得る。ゴールまで約40メートルの距離から、倉員選手が放ったシュートは、右隅下に吸い込まれそうになるも、九産大のゴールキーパー緒方選手が、ゴールライン手前で片手でストップ。
IMG_8532
IMG_8533

42分、九産大は右サイドでフリーキックのチャンスから、浅尾選手がファーサイドに上げると、ゴール前の混戦から押し込み、ラインを割るかと思われたが、真木選手が辛うじてキャッチ。
九産大はゴールをアピールするも、主審の判定は変わらず。
前半の45分はあっという間に終了し、両チーム無得点のまま、試合の行方は後半戦へ。
IMG_8534

後半も九産大が序盤ペースを握るも、福岡大の固いゴールをこじ開けることが出来ない。 
状況を打開したい福岡大は12分、キャプテンの梅田選手に変え、11番花田選手を投入。サイドに起点を作ろうとすると、その3分後、正にそこから均衡を破るゴールが生まれる。
右コーナーキック付近で、梅木選手が粘ってフリーキックのチャンスを掴むと、ファーサイドに送り込まれたボールに、梅木選手がヘディングシュートを押し込み、福岡大が先制に成功する。
IMG_8555
IMG_8558

先に失点を許した九産大も、2番播磨選手、13番永田選手を投入し反撃に出る。
24分には右からのクロスに、本郷選手が頭で合わせるも、シュートは惜しくもゴールキーパーの正面。
IMG_8570
福岡大もチャンスは作るが、これ以上の失点は許されない九産大の前に防がれ、追加点は奪えず。
アディショナルタイムは4分が表示され、九産大は最後の力を振り絞り、福岡大ゴールに迫る。
自陣からカウンターを仕掛け、右コーナーキックを獲得。 ゴール前のクロスに、藤井選手、10番黒木選手が飛び込むも、シュートはゴールキーパー真木選手がキャッチ。
IMG_8575
IMG_8577
セットプレーの1点を守り切った福岡大学が、このまま九州産業大学の攻撃を凌ぎ切り勝利。5月16日にギラヴァンツ北九州と行われる、完全アウェーの決勝の地ミクニワールドスタジアムに、2年連続の代表権獲得を目指し乗り込む。 
IMG_8582


大会公式サイト
http://fukuoka-fa.com/document/358
その他の試合写真はコチラ ↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/ 
九州大学リーグ 4月6日開幕!!(日程)
http://www.jufa-kyusyu.jp/score/ranking.html