(前試合の取材の為、前半15分以降からのレポートになります)
14時キックオフの第2試合は、ホームの筑紫台高等学校(以下、筑紫台)が、ここまでリーグ戦4試合を戦って全勝の、16得点で無失点と、圧倒的な強さで首位に立つ東福岡高等学校のBチーム(以下、東福岡)との対戦。筑紫台も2勝2分と負け無しで、リーグ戦好調を維持しているだけに、どんな戦いを見せてくれるのかに注目した。

筑紫台高等学校 スタメン
GK1 友岡 篤
DF2 小山 拓海 3 大庭 蓮 4 高田 翼 5 古賀 勇盛  
MF6 木村 匠征 8 井上 遼紀 20 高木 雅致 25 徳丸 亮介
FW 10 深堀 翔 11 古田 蓮太郎

東福岡高等学校 スタメン
GK1 柳 翔斗
DF4 野口 明 12 野村 佳楠 13 徳丸 陵雅 15 岩村 彰大
MF6 野添 永遠 7 井原 直人 10 鹿取 海斗 11 原田 卓郎 18 馬目 世太
FW20 日高 駿佑 

IMG_9643
IMG_9647

23分、右からの速いクロスに、20番日高選手がニアで合わせるも、筑紫台のゴールキーパー友岡選手の好セーブの前に防がれ、先制ゴールとは成らず。
東福岡は攻撃の手を緩めず、相手ゴール前までは迫るものの、筑紫台もコンパクトに守り、最後は全員が体を張って攻撃を跳ね返し続け、東福岡にゴールを許さない。
攻撃でも、セットプレーからチャンスを掴むが、44分に得たフリーキックのチャンス。8番井上選手がゴール前に上げたボールに、ファーサイドで2番小山選手が合わせるが、惜しくも右に外れてしまう。
IMG_9646

前半、東福岡の攻撃を無失点に抑えた筑紫台だったが、後半、東福岡の攻撃が爆発する。9分、左からのクロスに、フリーでペナルティーエリアに入った、18番馬目選手がしっかり合わせ、先制ゴールを奪うと、その1分後には、左からのクロスに、日高選手がニアで合わせ追加点。
IMG_9662
IMG_9664

立て続けに失点し、何とか悪い流れを断ち切りたかった筑紫台だったが、21分には日高選手、23分には馬目選手にゴールを許し、4点差に広げられてしまう。

先ずは、1点を返すべく反撃に出る筑紫台だったが、東福岡の4番野口選手、15番岩村選手の両センターバックが堅く、ゴールを奪う事が出来ずタイムアップ。
この日も4ゴール無失点と、攻守に隙の無い東福岡高等学校が勝利し、無傷の5連勝を飾った。
IMG_9676

その他の試合写真はコチラ ↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/