IMG_9917
PK戦までもつれた、あの雨の決勝戦から早いもので1年。今年は舞台を北九州市のミクニワールドスタジアムに変え、昨年と同じカードで福岡県代表を賭けた試合が行われた。
完全アウェイの地に乗り込んで来た福岡大学は、3月から始まった予選を勝ち上がり、4月から始まった九州大学サッカーリーグでも首位と、好調を維持して、この一戦を迎える事が出来た。
IMG_9930
一方、昨年苦汁を嘗める結果となったギラヴァンツ北九州(以下、ギラヴァンツ)は、今季は小林伸二監督を新たに迎え、J3リーグ第8節を終え首位。前節では7,553人の観客の前で、ザスパクサツ群馬に4試合ぶりの勝利を収め、この一戦を挑む事となった。
IMG_9918
一発勝負のトーナメント決勝戦。
2年連続の下克上を狙う福岡大学と、プロの威信に賭けても負けられないギラヴァンツの試合は、ワンプレーで勝敗が左右し、1点の重みをズシリと感じる、緊迫した試合となった。

IMG_9947
ギラヴァンツ北九州 スタメン
GK21後藤 大輝
DF5 寺岡 真弘 20 河野 貴志 26 打越 大樹
MF8 内藤 洋平 10 井上 翔太 15 野口 航 17 加藤 弘堅 25 國部 伸太郎
FW 9 ディサロ 燦 シルヴァーノ 18 町野 修斗

IMG_9951
福岡大学 スタメン
GK21 真木 晃平
DF 3 河野 秀汰 4 菅田 真啓 5 饗庭 瑞生 12 阿部 海斗 27 不破 将生
MF 6 河原 創 8 大熊 健太   
FW 7 井上 健太 10 梅田 魁人 17 梅木 翼 

前節のリーグ戦から7人を入れ替えて来たギラヴァンツ。一方福岡大学の変更は2人で、先週見た東海大学熊本戦で見たフォーメーション3−4−3というより、守備時には5バック気味に、そして10番梅田選手がセンターハーフのポジションまで下がり、ギラヴァンツのサイド攻撃を意識した布陣に見えた。
IMG_9960
「最初の10分我慢して欲しかった」。試合後、福岡大学の乾監督が話していたが、試合開始のホイッスルと同時に、福岡大学エリアに攻め込み、プレッシャーを掛けて来たギラヴァンツ。
3分に、右サイドを突破した15番野口選手が、ゴール前にグラウンダーのクロスを入れるが、4番菅田選手が辛うじてクリアするが、序盤受け身になってしまった福岡大学。
7分にも押し込まれて、右のコーナーキックを与えてしまうと、ニアで17番加藤選手が頭で押し込み、幸先良くギラヴァンツが先制に成功する。
IMG_9965

早い時間に失点を許した福岡大学も、何とか反撃しようと早目にゴール前にボールを入れ、17番梅木選手の高さを生かそうとするが、ギラヴァンツのゴールキーパー後藤選手がしっかり対処し、チャンスを作れない。
2点目を狙うギラヴァンツは、右サイドでは野口選手、左サイドでは25番國部選手がスピードを生かし、チャンスを演出するが、福岡大学のゴールキーパー真木選手も落ち着いたセービングを見せ、追加点を許さず。
IMG_9982
失点はしたものの、守備陣の踏ん張りに応えたい福岡大学の攻撃陣も、33分、テンポ良くボールを回し、右から12番阿部選手のクロスはブロックされるが、2次攻撃を仕掛け、ペナルティーエリア右から、7番井上選手がマイナスに折り返し、梅木選手がシュートを放とうとするが、ギラヴァンツの素早いブロックに、このチャンスを生かせず。
時間の経過と共に、ボールを回せる様になって来た福岡大学だったが、広範囲で攻守に貢献する加藤選手に攻撃を遮断され、チャンスらしいチャンスを作らせてもらえないまま、前半はシュート1本に抑えられ、ギラヴァンツ1点リードで終了する。
IMG_9970

後半3分、後方からのフィードに、ワントラップから梅木選手がシュートを放つが、大きく左へ。
攻撃のギアを上げたい福岡大学は、10分に20番倉員選手を投入すると、その1分後、倉員選手が見事なスライディングで、高い位置でボールを奪取すると、梅田選手にボールが渡る。
梅田選手はペナルティーエリアに侵入し、得意の角度からシュートまで持って行こうとするが、厳しいチェックのギラヴァンツの両センターバック、5番寺岡選手、20番河野選手の前に、シュートまで持って行けず。クリアされたボールに、後方から走り込んだ菅田選手がゴールを狙うが、惜しくも右に外れてしまう。
IMG_0002
追加点を挙げ、試合を優位にしたいギラヴァンツも12分、裏に抜けた9番ディサロ選手がシュートを放つが、倉員選手が最終ラインまで戻ってブロック。
15分には、右サイドから18番町野選手がゴール前に折り返し、流れて来た所に10番井上選手のシュートは、惜しくもゴール左上へ。
畳み掛けるギラヴァンツは20分にも、裏へ抜けた町野選手がシュートを放つが、飛び出した真木選手にブロックされ、決定機を逸してしまう。
ギラヴァンツに流れていた時間を耐えた福岡大学も、17分に11番花田選手、28分に14番今田選手の攻撃の切り札を投入し、少なくなった残り時間1点を追った。

IMG_0015
IMG_0016
32分、右からのスローイングをペナルティーエリア内で今田選手がキープし、最後は河原選手がシュートを放つが、惜しくもゴール上へ。
43分には、自陣からロングカウンターを仕掛け、左からの8番大熊選手のクロスに、中央で今田選手が頭で合わせるが、僅かに右に外れてしまう。
アディショナルタイムの4分が表示され、刻々と時間が過ぎる中、最後に福岡大学はチャンスを迎えるが、コーナーキックのチャンスも、ギラヴァンツのゴールキーパー後藤選手が体を張ってセーブし、ゴールを死守。
IMG_0025
前半に挙げた1点を、ギラヴァンツがしっかり守り切り、このまま試合はタイムアップ。
昨年の雪辱を果たしたギラヴァンツ北九州が1−0で勝利し、2年ぶり2回目の優勝を決め、天皇杯本戦出場を決めた。
IMG_0026
IMG_0028
IMG_0041

大会トーナメント結果 ↓
http://fukuoka-fa.com/wp-content/uploads/sites/3/2019/05/【結果】福岡県サッカー選手権大会-マッチ№【6】.pdf

ギラヴァンツ北九州 監督、選手コメント(クラブホームページ)
https://www.giravanz.jp/news/p33813.html 

福岡大学サッカー部 選手コメント、レポート(サッカー部 公式ホームページ)
https://fukuoka-u-football.com/tokushu/tennouhai/post-9748/ 

その他の試合写真はコチラ↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/