今日から「2019年度 福岡県高等学校サッカー大会』も、いよいよ本戦。
負けたら終わりのトーナメント戦が始まる。
午前中、福岡大学に用事があり、第一試合には間に合わなかったが、第二試合の豊国学園高等学校と嘉穂東高等学校の試合を取材した。

IMG_0162
豊国学園高等学校 スタメン
GK 12 池野 魁人
DF 2 松下 稜希 3 原 宗正 4 濱川 凌摩(C)6 原 孝成
MF 5 藤崎 恭司 8 古田 智暉 10 竹内 瑛士 13 八田 涼冴
FW 9 大谷 宗平 11 白川 連太郎 

IMG_0161
嘉穂東高等学校 スタメン
GK 1 春田 怜恩
DF 2 進藤 広暉 4 手嶋 隼一 6 折口 慶斗(C)8 村瀬 龍之介
MF 5 久保 杏介 7 坂田 勇人 9 藤川 駿
FW 10 城戸 颯太 13 花岡 良真 15 松本 州平  

IMG_0168
Cパートの予選を、全勝で勝ち抜けした豊国学園高等学校(以下、豊国学園)。
試合開始早々、前掛かりの嘉穂東高等学校(以下、嘉穂東)の攻撃を凌ぐと、13分、ゴール正面のフリーキックのチャンスから、ペナルティーエリア内でこぼれ玉を拾った4番濱川選手が、角度の無い所からシュートを放つが、惜しくも左へ。
20分には、中盤でのボール回しから、8番古田選手がミドルシュートを放つが、惜しくも嘉穂東のゴールキーパー春田選手の正面。
攻撃のリズムを掴んだ豊国学園は、その勢いのまま、22分先取点を奪う。 
センターサークル付近で得たフリーキックのチャンス。ゴールキーパー池野選手のキックは、相手ゴール前までボールを運ぶと、11番白川選手がしっかり収め、ゴールキーパーの頭上を越す、技有りのループシュートを決め、先取点を奪う。
IMG_0171

先制を許した嘉穂東だったが、わずか3分後に試合を振り出しに戻す。
前線にボールが入ると、2列目3列目の選手が攻撃参加し、豊国学園ゴールに波状攻撃を仕掛けると、混戦の中から13番八田選手が最後は流し込み、同点ゴールを決める。
IMG_0175
これで流れを引き戻した嘉穂東だったが、終盤セットプレーのチャンスを得たが生かせず。
前半は1−1で終了し、試合の行方は後半戦へ。

IMG_0185
勝ち越しゴールを狙い、後半頭から攻め込む豊国学園だったが、嘉穂東のゴールキーパー春田選手の好守の前に、何度もチャンスを逸し、なかなかゴールを奪えない。
23分には、途中出場の18番福田選手が、白川選手の落としから、相手ディフェンスの裏に抜け、シュートまで持って行くが、惜しくも右へ外れてしまうが、この積極性が、チームに勇気を与えると、その1分後、ついに堅固だった嘉穂東ゴールをこじ開ける。 
右サイドから攻め込むと、ボールを受けた10番竹内選手が、相手ディフェンダーも交わしペナルティーエリアに進入すると、ブロックに来た春田選手も落ち着いて交わし、無人のゴールにボールを流し込み、卓越した個人技で、欲しかった勝ち越し点を奪った。
IMG_0192

勝ち越しを許した嘉穂東も、ここから猛攻を仕掛け、豊国学園ゴールに迫るが、35分ハーフの残り時間は刻々と過ぎて行く。 
アディショナルタイムも3分を指し、嘉穂東はラストプレーで右コーナーキックのチャンスを掴む。 
ゴールキーパーの春田選手も上がり、最後のチャンスに賭けるが、クロスはクリアされ、ここで主審の試合終了のホイッスルが鳴り響く。 
IMG_0197
IMG_0198

連戦の疲れをパワーに変えた豊国学園高等学校が勝利し、次の戦いに駒を進めた。
IMG_0203

大会トーナメント表 ↓
http://fukuoka-fa.com/wp-content/uploads/sites/3/2019/05/2019九州・総体予選【0519結果】.pdf
その他の試合写真 ↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/