IMG_0251
13時にキックオフされた第二試合は、予選を見事に突破し、本戦初戦の久留米高等学校戦も4−0と勝利し、勢いに乗る武蔵台高等学校と、シード校の希望が丘高等学校の試合が行われた。

IMG_0253
武蔵台高等学校 スタメン
GK 1 吉本 雅哉
DF 2 小山 竜之介 3 榎本 駿也(C)4 窪田 琉希 5 白水 皓志郎 13 堤 晴之介 14 立山 大地
MF 7 豊福 琢真 8 税所 真一郎 11 田嶋 汰希
FW 9 甲斐 理人

IMG_0252
希望が丘高等学校 スタメン
GK 1 青井 道寛
DF 2 小林 将大 4 野原 広平 5 山口 天也(C)14 岩切 楽
MF 6 チェ カンウ 7 松本 蓮 8 樋口 聖一朗 10 汐先 悠介
FW  9 坂本 龍紀 11 小田 北登

序盤は一進一退が続いたが、徐々に武蔵台高等学校(以下、武蔵台)がリズムを掴む。ボランチでコンビを組む、3番でキャプテンの榎本選手がセカンドボールを拾い、7番豊福選手がボールを散らし、チームに攻撃のリズムを作ると、13分、左サイドでのボール回しから、最後は豊福選手が積極的にミドルシュートを放つが、惜しくもゴールの上へ。
IMG_0280

武蔵台にボールを回され、我慢の時間が続いた希望ヶ丘高等学校(以下、希望ヶ丘)だったが、守備陣が最後の所で踏ん張り、武蔵台の攻撃を凌ぐと、前半終了間際にチャンスを迎えるが、31分に得た右コーナーキックのチャンス。33分の左からのロングスローから、6番チェ選手が頭で合わせるが、このチャンスを生かせず。
IMG_0284

前半無得点で終えた両チーム。後半どちらが先にゴールを奪うかと思われたが、キックオフから僅か3分、ついに希望ヶ丘が均衡を破る。
中盤でボールを受けた8番樋口選手が、武蔵台ディフェンスの裏に浮き玉のパスを送ると、抜け出した9番坂本選手が、技有りのループシュートを決め、欲しかった先取点が入る。
IMG_0293

追加点を奪いに来る希望ヶ丘に、4番窪田選手、ゴールキーパーの吉本選手が体を張って失点を防ぐと、13分には武蔵台にビッグチャンスが訪れる。
後方からボールを繋ぎ、左、そして右とピッチを大きく使い、希望ヶ丘ゴールに迫ると、右からのクロスに、9番甲斐選手が飛び込み合わせるが、希望ヶ丘の守護神青井選手が体を張ってセーブし、同点ゴールが奪えない。
武蔵台の時間が続くが、最後の所はやらせず、ゴールを死守する希望ヶ丘イレブン。
33分には左からのクロスが、ゴールキーパー青井選手を超え、ファーサイドに流れ、あわやピンチかと思われたが、2番の小林選手が相手より先に触りクリア。 
IMG_0311

勢いに乗って挑んで来た武蔵台相手に、決して楽な試合運びではなかったが、1点を守り切った希望ヶ丘高等学校が、このまま勝利し準々決勝に進出。
ベスト4を賭けて、九州国際大学付属高等学校と対戦する。
IMG_0314
IMG_0319

大会トーナメント表 ↓
http://fukuoka-fa.com/wp-content/uploads/sites/3/2019/05/2019九州・総体予選【0525結果】.pdf
その他の試合写真はコチラ ↓(ただいま準備中)
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/