IMG_0533
第1試合で、東福岡高等学校が東海大学付属福岡高等学校に勝利し、前評判通り、王者の風格を見せ、決勝進出を決めた。
その王者に挑む相手は、九州国際大学付属高等学校(以下、九国)か?はたまた飯塚高等学校(以下、飯塚)か? 最後の椅子を賭けた戦いは、こちらの予想を遥かに上回る、驚愕の結末を迎える激闘となった。

IMG_0539
九州国際大学付属高等学校 スタメン
GK 1 立石 爽馬
DF 2 稗田 凌太(C)3 宮本 武 4 吉田 晃 5 花田 周勇 
MF 6 阿比留 将栄 8 高月 海 9 吉田 直樹 14 森永 将斗 
FW 15 小方 耀平 19 西川 大貴

IMG_0538
飯塚高等学校 スタメン
GK1 轟 大和
DF2 轟 凌磨 3 早川 輝 4 川前 陽斗 5 下野 友稜
MF 11 春本 騎士 14 吉岡 陸 15 野見山 楽斗 19 原田 泰知 
FW 9 河野 奎吾 13 村越 凱光(C)

勢いに乗せると手が付けられない飯塚に、試合開始から積極的にゴールを目指す九国だったが、飯塚も最終ライン、そしてボランチの14番吉岡選手、15番野見山選手が集中した守備で、シュートまでは行かせない。 
IMG_0542
10分まで続いた九国の流れを跳ね返すと、最初のセットプレーのチャンスで、飯塚がゲームの均衡を破る。センターライン付近で得たフリーキックのチャンス。吉岡選手がゴール前に送ると、九国のゴールキーパー立石選手がパンチングで弾き出すが、そのこぼれ球にいち早く反応した、19番原田選手が右足一閃。立石選手も反応出来ない程のシュートは、ゴール左に突き刺さり、11分、早くも飯塚が先取点を挙げる。
IMG_0544

これで、一気に加速する飯塚の攻撃は、その4分後に、あの選手が驚きのスピードと閃きで、追加点を奪う。自陣から、相手ゴールに向かって放たれた長いパスに、13番村越選手が快速を飛ばして、九国ディフェンスを置き去りにすると、ノートラップからループシュートを決め、2−0と点差を広げる。 
IMG_0547

まさかの展開に、九国イレブンも呆然とするが、円陣を組んで落ち着きを取り戻そうとするが、21分にファーストシュートを放った後も、飯塚の早いチェックの前に、なかなかボールを前に運べない。
攻撃にスピード感が生まれない九国は、早くも30分に11番坂下選手を投入。
坂下選手、19番西川選手が自らドリブルで持ち込み、流れを掴むと、セットプレーのチャンスを幾つも得るが、堅い飯塚の壁に最後まではやらせて貰えず。
前半は、飯塚の術中が見事にはまり、2対0のまま終了する。
IMG_0552

流れを掴みかけた九国は、後半頭から飯塚ゴールに迫る場面を迎えるが、9番吉田選手がドリブルでペナルティーエリアに侵入も、飯塚のディフェンスリーダー2番の轟選手がしっかり対応。シュートを打たせて貰えない。
それでも焦れずにボールを繋ぐ九国に、遂に反撃の狼煙を告げるゴールが生まれる。
中盤でボールを受けた14番の森永選手が、スルスルとドリブルで、飯塚ゴールに迫ると、右足を振り抜きシュート。飯塚のゴールキーパー轟選手は、見事に弾き返すが、吉田選手がしっかり詰めてゴール。後半10分、九国が1点を返す。
IMG_0558

息を吹き返した九国は、ここからリズムの良い攻撃で、飯塚を押し込む時間が続くが、同点ゴールを奪う迄には至らず。刻々と時間が経過し、残り8分となった所で、長身の20番宇野選手を投入。さらに、ディフェンスの4番吉田選手、5番の花田選手も前線に上げ、九国はパワープレーに最後の望みを託す。
すると、アディショナルタイムに入った後半37分、右コーナーキックを獲得。3番宮本選手が、ゴール前に上げたボールはクリアされるも、そのボールは森永選手の足元へ。小さく、鋭く振り抜かれたシュートは、ゴールに突き刺さり、まさに起死回生の同点ゴールが生まれ、九国が土壇場で追いつく。
IMG_0566

試合は、アディショナルタイムも含め76分では決着が着かず、10分ハーフの延長戦へ突入する。

延長に入っても、勢いは九国のままだった。
延長前半4分、8番高月選手が早い出足から中盤でボールを奪うと、前線にスルーパスを送る。
このボールに、途中出場の10番米山選手が見事に反応し、勝ち越しゴールを奪った。
IMG_0578

逆転されてしまった飯塚も、最後の力を振り絞り、九国ゴールに迫るが、10番赤間選手、原田選手のシュートは、九国の守備陣の前に、防がれてしまう。
アディショナルタイムは1分が表示され、最後のラストプレーのコーナーキックに、村越選手がニアで飛び込むも、惜しくもゴール左へ外れてしまう。
ここで、主審の試合終了を告げるホイッスルが吹かれタイムアップ。
IMG_0582
IMG_0588

飯塚の勢いに序盤は飲み込まれるも、逆転勝ちを収めた九州国際大学付属高等学校が勝利し、明日頂点を賭けて、東福岡高等学校と対戦する。
IMG_0599

大会トーナメント表 ↓(更新待ち)
http://fukuoka-fa.com/document/documentc/tournament 
その他の試合写真 ↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/