IMG_3819
佐賀でのプリンスリーグ九州の取材を終え、一旦自宅に戻った後、18時キックオフのプレミアリーグ取材の為、福岡市東区にある福岡フットボールセンターに向かった。
夕方に差し掛かっていたグラウンドには、涼しくて優しい風が流れていた。
「九州クラブユース選手権大会」の為、一時中断していたプレミアのリーグ戦。アビスパ福岡Uー18(以下、アビスパ)は、1勝1分4敗と降格圏をさまよっていた。
前節で引き分け、何とか連敗を逃れたものの、チームは波に乗れないまま。追い打ちをかける様に、トップリーム事情による、監督、コーチの人事異動が行われ、チームの動揺が心配された。
しかし、その外野の心配をよそに、選手達は見事にクラブ選手権の出場権を獲得し、井上孝浩新監督に白星をプレゼントした。
IMG_3827
再度中断期間に入る前の、ここからの4節。先ずは今節の愛媛FC U−18(以下、愛媛)に勝利し、次節の東福岡高校との福岡ダービーに弾みをつけたい一戦だった。

IMG_3833
アビスパ福岡U−18 スタメン
GK16 吉田 翼
DF3 鷹巣 直希 5 森山 公弥 6 伊藤 智央  
MF7 吉村 銀河(C)11 田村 奎人 12 田代 紘希 14 渡辺 海斗
FW 8 松田 知己 9 石井 稜真 32 田中 成祈 

IMG_3829
愛媛FC U−18 スタメン
GK 21 杉野 太一朗
DF3武井 邑馬 5三原 秀真 6谷岡 昌(C)15村中 総一郎
MF 7 美佐田 誠大 8阪井 暖 13 岡田 蒼生
FW 10塩﨑 彰 14 柳下 将野 17高野 捺貴

試合開始のホイッスルと同時に、前線から愛媛のボールホルダーに、猛然とプレッシャーを掛けに行くアビスパ。この日はサイドのポジションに入り、持ち味であるスピードに乗ったドリブルで、チャンスを演出する8番の松田選手。4分には、左サイドからゴール前にクロスを上げるが、ニアで合わせた32番田中選手のシュートは、愛媛のゴールキーパー杉野選手に防がれ、先取点とは成らず。
対する愛媛も、後方からしっかりと繋ぎ、ピッチを大きく使った攻撃で、アビスパ守備陣に揺さぶりを掛けて来たが、貪欲にゴールに向かっていた男が、プロ顔負けのシュートで、この日のゴールショーの幕を上げる。
8分、右サイドから高く上げられた、12番田代選手のクロスを、松田選手はペナルティーエリア外から、お手本の様な態勢からダイレクトでボレーシュートを叩きつけると、ゴール右隅に突き刺し、幸先良く先制ゴールを奪った。
IMG_3841

これで一気に、アビスパ優勢の試合になるかと思われたが、アウェーの地まで来て、愛媛もこのまま黙っている訳では無かった。試合再開の僅か1分後、17番高野選手が一瞬の隙を突き、同点ゴールを奪い試合を振り出しに戻す。
IMG_3845

喜びも束の間、同点に追いつかれたアビスパだったが、10分、35分には流れから田代選手、26分にはコーナーキックから5番森山選手がゴールを襲うが、杉野選手の美技の前に防がれてしまう。
直ぐに追いついた事で、攻守において余裕が生まれた愛媛も反撃に出るが、37分、右サイドのスローイングから、10番塩﨑選手のグラウンダーのクロスに、中央で高野選手が合わせるが、ゴール前まで下がっていた7番吉村選手のブロックにあい、勝ち越しゴールとは成らなかった。
アディショナルタイム4分も表示され、このまま同点でハーフタイムを迎えると思われた、その時、後方でボールを回していたアビスパにミスが生まれ、ボールをカットした高野選手は、そのままペナルティーエリアに進入すると、落ち着いてゴールを決め、愛媛が逆転に成功し、愛媛リードで前半を終えた。
 IMG_3851

自らのミスで逆転を許し、追いかける立場となったアビスパ。今までならこのまま失点を重ね、試合を落としていたチームだったが、もうその姿は無かった。
後半7分、左コーナーキックを獲得すると、キッカー11番田村選手のクロスに、ファーサイドの森山選手が中に折り返すと、中央で9番石井選手が豪快にヘディングシュートを突き刺し同点に。
IMG_3869

畳み掛けるアビスパだったが、好機を生かせず、なかなか勝ち越しゴールを奪えない。そんな状況下でも、この日中盤で攻守において存在感を発揮し、声でもチームを鼓舞し続けた14番渡辺選手がドリブルで持ち込み、前線にスルーパスを送る。
このボールに追いつき、グングンとスピードアップするドリブルで、愛媛ディフェンダーを振り切った松田選手。そのままペナルティーエリアに入ると、ゴール右上隅にシュートを突き刺し、ついにアビスパが後半28分逆転に成功する。

松田選手の2ゴール目に、チーム得点王のこの男も黙っていない。
後方からボールを繋ごうとした愛媛に、石井選手は猛然とプレッシャーを掛けボールを奪うと、そのままゴール一直線。シュートも落ち着いて決め、4−2と点差を広げる。
IMG_3879

セーフティリードを作ったアビスパだったが、この日の選手達の勢いは止まらない。
39分、右のコーナーキックのチャンスを掴むと、一度はクリアされてしまうが、こぼれ球を拾って左サイドから森山選手がゴール前に上げると、中央で待ち構えていた、途中出場の10番角田選手がジャンプ一番。ゴールキーパー杉野選手に競り勝ち、打点の高いヘディングシュートを決め、試合に終止符を打つ。

早い時間帯に逆転されながらも、自ら状況を打破したプレーで、逆転勝利を掴み取ったアビスパ福岡Uー18。
次節、再び福岡フットボールセンターで行われる、東福岡高校との福岡ダービーに弾みをつけた。
IMG_3893

 
試合公式記録 ↓
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2019/west/schedule_result/pdf/m708.pdf
プレミアリーグ日程 ↓
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2019/west/schedule_result/
その他の試合写真 ↓
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/