IMG_4760
先週末から再開した、ユース世代の最高峰リーグ「高円宮杯 JFA Uー18 サッカープレミアリーグ」。
アビスパ福岡U−18(以下、アビスパ)は、アウェイで大津高校と戦い、終盤惜しくも同点に追いつかれ、白星発進とはならなかった。
今節、ホーム福岡フットボールセンターに迎えたのは、第3節にアウェイで2−7と破れたガンバ大阪ユース(以下、ガンバ)。
今夏行われた「日本クラブユース選手権大会」で再戦し、4−2と借りを返したが、試合前、鷹巣キャプテンの「あの悔しさを思い出して戦おう!」の掛け声が掛かり、本当の意味でのリベンジを果たしたい戦いだったが・・・。

IMG_4766
アビスパ福岡U−18 スタメン
GK 1桜木 亮太
DF 3 鷹巣 直希(C)5 森山 公弥 6 伊藤 智央  23 松本 幸樹
MF 11 田村 奎人 12 田代 紘希 14 渡辺 海斗 29 大坪 真沙斗
FW 8 松田 知己 9 石井 稜真 

IMG_4765
ガンバ大阪ユース スタメン
GK 1 駒井 幸弘
DF 2 奥田 勇斗(C)4 西村 翔 5 高橋 直也 12 久保 賢侑
MF 6 長尾 優斗 13 福井 和樹 14 中野 歩 17 久保 勇大 32 菅野 隆星
FW 18 大谷 優斗 

試合開始直後から、ガンバのボールホルダーにプレッシャーを掛けに行くアビスパ。
開始1分に、6番伊藤選手がシュートまで持ち込むが、ボールは大きくゴール上に。
6分には中盤でボールを奪うと、14番渡辺選手のパスに、左サイドを駆け上がった8番松田選手が中に切れ込みシュートを放つが、惜しくもサイドネット。
少し面食らった感じだったガンバも、細かくパスを繋ぎ、9分、10分と立て続けにミドルシュートを放ち、徐々に流れを引き寄せると、13分、前線の13番福井選手が後方からのパスを収めると、最後は右サイドでフリーだった18番大谷選手が、落ち着いて左サイドにゴールを流し込み、アウェイのガンバが試合の均衡を破ると、ここから怒涛のゴールラッシュの開幕となる。
IMG_4777
16分にはペナルティーキックを獲得し、これを久保勇大選手が決め2点目。
その3分後にも、アビスパディフェンスを綺麗に崩し、最後は大谷選手がゴールを決め、開始20分弱で3点のリードを奪う。 
IMG_4781
先ずは前半の内に1点でも返したいアビスパだったが、なかなか流れの中からはシュートまで行けず。
セットプレーで活路を見出そうとするが、ゴールキーパー駒井選手を中心に、ガンバ守備陣の牙城が高く、ゴールを割らせて貰えず、前半はガンバの3点リードで終えた。
IMG_4784

ハーフタイムで気持ちを切り替え、後半巻き返しを図るべく、アグレッシブな攻撃を見せたアビスパ。ガンバを押し込み得点の匂いも感じていた所で、最終ラインでの連携ミスから13番福井選手に4点目。その8分後にも福井選手にゴールを許し、更に点差を広げられてしまった。

12分に、左からのロングスローでチャンスを作り、ゴール前の混戦からオウンゴールで1点を返したアビスパだったが、一度狂った歯車を戻すまでは成らず。
その後もガンバに3失点を喫し、終わってみれば8−1と大差をつけられ、アウェイの借りを返すことは出来なかった。
IMG_4807

試合を通して、技術が高いガンバ相手に、1対1で負けてしまうのは仕方がない事だが、ミスをカバーする事が出来ず、チームとして戦えていなかったアビスパ。
次節までの2週間のインターバルを有効に使い、今一度、全員で闘う姿勢を取り戻して欲しい。
IMG_4809

その他の試合写真
https://www.instagram.com/cross_football_fukuoka/
試合の結果
 http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2019/west/match_page/m1210.html