名称未設定-2

IMG_5448

古賀

Q インターハイの飯塚戦。何が勝利に足りなかった?

「自分達のディフェンス力が足りなかったと思いますし、攻撃の面でも、3点4点と相手より1点でも多く、取らないと行けなかったと思います」

Q 現在リーグ戦を戦っていて、改善された部分、まだ足りない部分は?

「まだ失点が止められていないので、ディフェンスの部分が、まだ全然足りていない。ちょっとずつ、
ボールは回せて来ているので、そこはちょっと進歩して来ている部分だと思います」

Q 最後の選手権大会ですが、どの様な意気込みでプレーしますか?

「またベスト8で飯塚と当たるので、飯塚を倒して、九国も倒して、そして最後決勝でも勝って、全国に行きたいと思っています」 

IMG_5387


野中

Q 先ずは、インターハイの戦いを振り返って下さい。

「インターハイは入りとかも弱くて、勢いがある相手に、引いてしまった戦いをしてしまった。
自分達の良さが全く出て無かったので、負けた原因がそこにあると思うので、そこはずっと課題にして来て、今までやって来たので、そこは少し変わって来ていると思います」

Q この夏、どんな所に強化を置いて来ましたか?

「やっぱり、気持ちですね。戦う気持ちっていうのが、1人1人全然足りていなくて。ある選手はあるんですけど、無い選手は全くない。メンバーに選ばれている自覚とか、責任とか、無い選手の方が多い。
そこはインターハイ終わってから、ずっと言って来ているし、少しは意識が変わって来ていると思っています」

Q 今度の選手権大会。本当の意味で、挑戦者としての立場だと思いますが、大会への意気込みと、応援して下さる方々へメッセージをお願いします。

「守るものは何も無いですし、挑戦者なので。自分達の強さがある部分を、もっともっと出してやって行けば、福岡は獲れると思いますし、そこは監督も自分達も、獲れると思っているので。
自信を持ってやらなければ行けないですし、もっとチャレンジャーの気持ちで、やらないと行けない。
そこの部分と気持ちが揃ってくれば、絶対に勝てると思う。
その影で、応援して下さっている方々も沢山います。筑陽学園の保護者以外の方も、応援して下さると思うので。そこはやっぱり、その応援に応えられる様にプレーをして、筑陽学園を全国に出せる様な、
プレーをしたいと思います」

IMG_5479