IMG_5783
IMG_5785
続く第2試合は、13時過ぎに同じコートで行われた「八幡工業高等学校×福岡舞鶴高等学校」の
試合を取材した。

IMG_5794
八幡工業高等学校
GK 1 松原 悠世
DF 4 入江 怜 8 入江 樹 24 中村 暁来
MF 6 中八重 滉太 7 城下 愛翔 21 野村 拓人 25 菱岡 恒太(C)
FW 9 川副 太陽 11 吉田 雅弥 15 木村 龍二

IMG_5793
福岡舞鶴高等学校
GK 1 梅津 大靖
DF 2 元村 俊樹 3 佐藤 涼 4 永田 大希 5 満生 愁
MF 6 中村 育樹 8 川畑 涼吾 14 青木 倖人(C)
FW 10 赤野 友弥 11 中村 太輔

序盤、パスを繋いで来る福岡舞鶴高等学校(以下、福岡舞鶴)相手に、粘りの守備で対抗する
八幡工業高等学校(以下、八幡工業)。
中盤での激しい主導権争いに、なかなかボールが落ち着かずにいたが、徐々に福岡舞鶴がペースを握り、八幡工業ゴールに襲いかかる。
IMG_5803
14分、右サイドで繋ぎ、中央で受けた10番赤野選手のラストパスに、最後は14番のキャプテン
青木選手がシュートを放つが、惜しくも右に外れてしまうが、ボールを保持し続けた福岡舞鶴は、
17分、ついに試合の均衡を破る。
右からのコーナーキックのチャンスに、赤野選手のゴール前に上げたボールに、中央で5番満生選手が
頭で合わせ、福岡舞鶴が先制に成功する。
IMG_5808

福岡舞鶴はその10分後にも、左サイドを巧みな個人技で突破した、3番佐藤選手のクロスに、ニアで赤野選手が上手く合わせ、試合を優位にする追加点を奪った。
IMG_5814

2点のビハインドとなった八幡工業は、前半終了間際、フリーキックのチャンスから、11番吉田選手がゴール前に飛び込むが、福岡舞鶴のゴールキーパー梅津選手が右手を目一杯伸ばしてクリア。
福岡舞鶴はピンチを防ぎ、2点リードしたまま、前半を終了する。
IMG_5815

八幡工業のキックオフで始まった後半。
6分、9番川副選手のキープから、7番城下選手が抜け出すが、惜しくもオフサイドの判定。
16分には、自陣からのロングカウンターから、ゴール前のラストパスに、川副選手は合わせる事が出来ず、チャンスを活かしきれない。
それでも、福岡舞鶴相手に粘りの守備で対抗し、走り負けない八幡工業は、22分、相手の僅かな隙を見逃さなかった。
後方からの7番城下選手のパスに、前半途中から出場してした10番東山選手が抜け出し、ボールに追いつくと、冷静に無人のゴールにシュートを決め、八幡工業がついに1点を返す。
IMG_5835

このゴールがチームに勇気を与えたのか、八幡工業の選手達の動きが、さらに活発になり、流れを引き寄せて行った。
しかし後半40分も過ぎ、残された時間は、アディショナルタイムの3分。
福岡舞鶴も必死にゴール前を固めるが、波状攻撃を仕掛ける八幡工業は、ついに同点に追いつく。
右サイドから、25番キャプテンの菱岡選手が高いボールを上げると、いち早く反応した東山選手が頭で押し込み、起死回生の同点ゴールを決めた。
IMG_5836

80分で決着が着かず、20分ハーフの延長戦に突入すると、勢いそのままに、延長後半45秒。
17番國井選手のキープから、またしても菱岡選手のラストパスに、三度東山選手がボレーシュートを
突き刺し、八幡工業が試合をひっくり返す。
IMG_5851

追い込まれた福岡舞鶴の反撃を、八幡工業の選手達は足をつる選手が続出する中、8番入江選手、23番草場選手が体を投げ出し、跳ね返し続け、リードを守り抜き大逆転勝利で一回戦を突破。
二回戦、シード校の豊国学園高等学校と対戦する。 
IMG_5860
IMG_5866