Cコート第1試合の熱戦も冷め止まぬ中、第2試合の「誠修高等学校×福岡魁誠高等学校」が、キックオフされた。

IMG_5962
誠修高等学校 スタメン
GK 1 北島 和巳
DF 3 村上 燈喜 4 古賀 夢翔 5 床島 丈一朗(C)16 大浜 嵩 
MF 7 甲斐田 和志 8 乗富 康気 23 髙山 寛未
FW  9 大野 駿亮 10 黒田 波琉 11 堤 大輝 

IMG_5964
福岡魁誠高等学校 スタメン
GK 20 中村 一平
DF 2 益山 龍騎 4 梅崎 陸斗 5 広常 歩武 17 大石 蓮
MF 7 安倍 翔太(C)8 酒井 春光 11 笹木 優介
FW 9 山家 大輝 10 近藤 遼平 18 植木 達哉 

試合開始のホイッスルが鳴ると、誠修高等学校(以下、誠修)イレブンが、容赦なく福岡魁誠高等学校(以下、魁誠)に襲い掛かる。
開始9分、相手のカウンターを跳ね返すと、逆に高速カウンターを仕掛け、パスを繋ぐと、最後は11番堤選手が流し込み、幸先良く先取点を奪う。
IMG_5974
IMG_5975

これで勢いに乗った誠修は12分にも、中盤のルーズボールを拾うと、最後は左サイドから10番黒田選手が切れ込み、2−0に。
その3分後には、パスを繋いで中央を突破すると、黒田選手のラストパスに反応した堤選手が、この日2点目となるゴールを決め3点目。
23分には、黒田選手にも2ゴール目が決まり、点差を4と広げた。
IMG_5984

なかなかボールが保持出来ず、シュートまで持って行けなかった魁誠だったが、ここから形勢を逆転させる。
32分、中盤でしっかりボールを繋ぎ、左に展開しゴール前にクロスを上げると、中央で18番植木選手が合わせるが、惜しくもシュートは左に逸れ、チャンスを逃してしまう。
IMG_5991

後半に入っても、試合を支配していたのは魁誠の方だったが、なかなかゴールを割る事が出来ず。
セットプレーのチャンスも、10番近藤選手が直接狙ったシュートはバーに嫌われ、反撃の狼煙を上げる1点が返せない。
IMG_6004

対する誠修は、後半の試合運びには課題が残るものの、無失点で凌ぎ切り、9番大野選手、3番村上選手が2ゴールずつ奪って、終わって見れば8−0で勝利し、二回戦で飯塚高等学校と対戦する。 
IMG_6009
IMG_6017