東福岡


IMG_6031


青木
Q 選手権大会の予選が始まっていますが、気になったりしますか?

「今、もう選手権始まっていて、時間が無いっていうのは、チームとしても個人としても感じています」

Q 去年の決勝ゴールから約1年経ちましたが、今年はどんな気持ちで、大会を向かえようとしていますか?
「去年、ああやって決勝ゴールを決められて、今年も結果を出せる様にって思っていますし、
去年とはまた違った、成長した部分を出せたら良いと思っています」

Q 今年は、攻撃面でチームを引っ張って行って欲しいという、周りの期待もあると思いますが?
「やっぱり、勝てていないという状況は、前線の選手に課題があると思いますし、個人としても
結果が出せていないので、チームとしても個人としても、得点力や決定力は課題だと感じています」

Q 初戦の準決勝まで残り1か月、どの様に取り組んで行きますか?
「三年生は最後の大会なんで、二年生として、出たらチームの代表として出るので、責任を持って
プレーして、結果を残して。先ずはチームを、全国に導ける様にしたいです」

丸山
Q 選手権まで少し期間がありますが、チームの状態はいかがですか?
「選手権の日程が決まって、プレミアも勝たなきゃいけないっていう状況で。チーム的には、
良い危機感を持って練習に取り組めています。チームとしても、段々と仕上がって来ている、
良い感じだと思います」

Q 守備面では、かなり強度が上がって来た感じですが、攻撃面にまだ課題を感じますが?
「(22日京都戦)前半から、自分達のペースだったんですけど、そこで点を決め切る事が出来なかったですし。
1試合通しても得点が1点と、得点力に関しては物足りない部分があるので。
失点も、無失点で終わらせるくらいの試合をしなきゃ行けないですし。攻撃に関しても、もっと
チャンスを確実に決め切れる様な決定力を、出して行かなきゃいけないと思います」

Q 最後の選手権大会になりますが、抱負をお願いします。
「県は通過点だと思っているので、そこは確実に全員で戦い抜いて、勝ちにこだわって。
全国で、去年のリベンジが出来る様に、しっかり全員で1つになって、戦って行きたいと思います」 

荒木
Q ここまでの、チームの仕上がり具合はどの様に感じていますか?
「プレミアで、あまり結果が出せていないのは、自分達も分かっているんですけど。その中でも、
反省点がいっぱい出て、学ぶ点も多く出て、そこをみんなで練習で合わせて、今日は(22日京都戦)
引き分けでしたが追いつけたので、そういった面では、決められてからの追いつくメンタリティの部分は、少しずつ成長して行っている。選手権でも良い戦いが、圧倒した戦いが出来ると思います」

Q 県内優勝はもちろんの事、当然全国大会での活躍を期待されていますが、まだレベルを上げなきゃ
いけない点はどこですか?
「全国的に見て、自分達はまだ切り替えの部分だったり、球際の部分だったりが、全然足りていないと
思う。そういった部分を、あと1か月の間に直して、県大会優勝して、全国でも日本一なれる様に、
練習からしっかりやって行きたいと思います」

Q 東福岡に来てプロになる夢は叶いましたが、もう1つ叶えたい夢があると思いますが?
「去年自分はピッチの上で戦って、2回戦敗退という悔しい結果に終わったし、今年のインターハイは
出れずに1回戦敗退で。本当に悔しい事ばっかりなんで、今年の選手権に懸ける思いは本当に強いんで。そこで日本一になって、みんなと笑顔で終われたら、良いなと思っています」