IMG_6099
開幕から一週間。
『2019年度 第98回 全国高校サッカー選手権大会 福岡大会 二次予選』も、今日明日はシード校が登場する二回戦に突入。さらに激しい戦いが待っている。
小郡市の陸上競技場と宗像市のグローバルアリーナに分かれての開催となったが、より多くの試合を取材したく、小郡市陸上競技場に向かった。
IMG_6101

11時にキックオフされた第一試合は「高稜高等学校×光陵高等学校」の「こうりょう」ダービー!?
が行われた。

IMG_6123
高稜高等学校 スタメン
GK 1 前田 涼嘉 
DF 3 立花 結友 4 佐藤 琳 11 柏木 陽 17 染川 匠 19 生田 蓮
MF 6 吉水 隆人 7 上島 尚輝 25 岩崎 港
FW 10 藤 海太(C)14 敷田 航匠 

IMG_6119
光陵高等学校 スタメン
GK 1 中村 瞭元
DF 2 工藤 和志 3 石松 賢人 4 緒方 翼(C)5 大渕 智也
MF 6 麻生 大翔 7 花田 翼 8 西崎 修翔 10 安河内 豊 11 梶野 輝
FW9 伊藤 徹是

この日の小郡陸上競技場は、バックスタンドから見て左から右に風が吹いていた。
前半風上に立った光陵高等学校(以下、光陵)は、その風を味方に攻め込み、最初にチャンスを掴む。
8分、後方からのボールを9番伊藤選手がキープから左に展開すると、11番梶野選手が中に折り返し、8番西崎選手が合わせるが、惜しくもシュートは高稜高等学校(以下、高稜)のゴールキーパー
前田選手の正面を突く。 
一回戦を突破した勢いそのままに、攻め込んで来る光陵に、後手を踏みそうだった高稜だったが、その空気を引き締めたのは、キャプテンの藤選手。激しい口調で檄を飛ばし、イレブンを引き締めて行った。
IMG_6130
それに呼応する様に、最終ラインの17番染川選手を中心に、光陵の縦に速い攻撃を跳ね返すと、そのセカンドボールに対し、25番岩崎選手が回収し、スペースに抜ける4番佐藤選手、10番藤選手に預け、徐々に高稜の攻撃にリズムが出て来る。
光陵も必死のディフェンスで食らいつき、前半は無失点で切り抜けたかったが、試合の均衡を破ったのは、やはり高稜のエースだった。
20分、左からのコーナーキックのチャンスはクリアされてしまうが、そのルーズボールを素早く拾い、ゴール右にふわりと浮かしたボールを送ると、フリーだった藤選手が角度の無い所から右足を振り抜き、サイドネットに豪快に突き刺すシュートを決め、高稜が先取点を奪う。
IMG_6144

先に失点を許してしまった光陵。出来れば前半この最小失点で終え、同点に追いつけたら良かったが、それから3分後、サイドを広く使われてしまうと、右からの11番柏木選手の折り返しに、またしても藤選手にダイレクトシュートを決められ、2−0と点差を広げられてしまった。
IMG_6147

試合の主導権を握った高稜は、後半も攻撃の手を緩めず。
7分、右サイドからの矢の様なクロスに、4番佐藤選手が胸トラップからシュートを放つが、光陵のゴールキーパー中村選手が体を張ってブロックし、コーナーキックに逃れる。ゴール前に上がったボールもパンチングで防いだが、7番上島選手に拾われ、折り返しを19番生田選手が詰めて、高稜に3点目が入る。
IMG_6173

追いつめられてしまった光陵だったが、高稜に負けない応援を背に攻め込むが、17分のチャンスも、ゴール前のクロスに9番伊藤選手が反応するが、シュートまで持って行けず、1点が遠い。
試合終盤の38分には、試合を決定づける藤選手のハットトリックとなるゴールが決まり万事休す。

序盤、光陵高等学校の勢いに押されながらも、しっかり立て直し、本来の力を発揮した高稜高等学校が4−0で勝利し三回戦に進出した。 
IMG_6187
IMG_6190