IMG_6316
IMG_6318
『2019年度 第98回 全国高校サッカー選手権大会 福岡大会 二次予選』の4日目。
二回戦2試合の取材に、前日に続き小郡市陸上競技場に足を運んだ。
11時キックオフの第一試合は「筑陽学園高等学校×八女高等学校」の試合。戦前は、当然強豪校の
筑陽学園高等学校(以下、筑陽学園)の圧勝の声が多く聞かれたが、何が起こるか分からないのが、
一発勝負のトーナメント。2年生中心ながら、一回戦を突破して来た八女高等学校(以下、八女)。
野心むき出しに、最後まで前年度準優勝高に挑んだ一戦は、試合中盤まで相手を苦しめた。

IMG_6329
筑陽学園高等学校 スタメン
GK 1 野中 友椰(C)
DF 2 今田 光 4 吉村 颯真 16 船原 零央 18 岡 宗万 
MF 6 古賀 健琉 7 古賀 敬仁 19 藤 隆成
FW 9 過能 工太郎10 寺岡 聖斗 12 岩崎 巧

IMG_6330
八女高等学校 スタメン
GK 1 古賀 健太郎
DF 3 大倉 諒太郎 4 田中 希望 5 倉員 音弥 18 大西 駿輝 
MF 6 久保 彗司(C)7 山下 史宏 8 田代 翔大 9 松藤 朝哉
FW 10 中山 創允 11 山口 卓也

予想通り、試合序盤からボールを握り、試合の主導権を握ったのは筑陽学園。八女はどれだけ、長い時間無失点で乗り切れるかが鍵になった。
前半5分筑陽学園は、右コーナーキックのチャンスから、八女のゴールキーパー古賀選手がパンチングで逃れたこぼれ球に反応した、6番古賀選手がシュートを放つも惜しくも防がれ、先取点のチャンスを逃す。
八女のカウンターをケアしながら、攻め込む筑陽学園だったが、ゴール前を固める八女に、なかなかゴールが奪えない。
IMG_6334
IMG_6337
相手に合わせ、前線に長いボールを蹴り込む場面も増え、攻撃のリズムが悪くなりかけた中、7番の古賀選手は冷静だった。
色んな場面に顔を出してボールを受け、パスを繋げ、自身も積極的に攻撃参加して、チームに攻撃のリズムと、冷静さを取り戻させると、自身のドリブルでフリーキックのチャンスを得る。
右コーナーキック付近のフリーキック。キッカーの19番藤選手がファーサイドに送り込んだボールに、18番岡選手がゴール右隅に突き刺し、19分、筑陽学園が待望の先取点を奪う。
IMG_6351

失点してしまった八女も反撃に出たいが、リズム良くボールを動かす相手に、なかなかボールが奪えず、攻撃の形が作り出せない。
畳み掛ける筑陽学園も、26分、28分と続けて7番古賀選手が、絶好の追加点のチャンスを迎えるが決められず。
前半だけで、シュート17本を浴びせるが、この日ゴールマウスに戻って来た、八女のゴールキーパー古賀選手の堅守、最後まで粘り強さを見せる守備陣の踏ん張りの前に、2点目が奪えずに前半が終了。
IMG_6341
何とか最小失点で切り抜けた八女だったが、前半のシュートは1本。後半、数少ないチャンスを生かすことが出来るのか?!
攻撃陣の奮起に期待が寄せられた。 

後半開始早々チャンスを作った場面もあり、筑陽学園の入りも良かったが、 八女が目の前に訪れたワンチャンスを逃さず生かし、試合を振り出しに戻す。 
自陣からのロングボールは、筑陽学園のゴール前に運ばれ、筑陽学園も必死のクリアで逃れるが、ルーズボールを拾った11番山口選手が振り向きざま、コンパクトに振り抜いた、左足で巻かれたシュートはゴールに吸い込まれ、チームの劣勢を振り払う同点ゴールを奪った。
IMG_6371
IMG_6379

まさかの同点弾に、すぐに選手が集まり、落ち着きを取り戻そうとする筑陽学園。
ボールは持てるものの、直ぐには攻撃のリズムが戻らず、息を吹き返した八女にシュートまで行けず、我慢の時間が続いたが、17分、ペナルティーエリア内で仕掛けた7番古賀選手がファールを受け、ペナルティーキックのチャンスを得ると、自ら冷静にゴール中央にキックを決め、筑陽学園が勝ち越しに成功。
22分にも、左サイドを9番過能選手とのコンビで崩した7番古賀選手のクロスは、相手にブロックされるが、こぼれ球を最後は12番岩﨑選手が押し込み、3−1と点差を広げた。
IMG_6389
IMG_6391


追い詰められた八女だったが、最後の力を振り絞り反撃に出る。
失点から1分後、カウンターから右サイドに開いた10番山口選手のクロスに、中央に走り込んだ8番田代選手がダイビングヘッドを放つが、筑陽学園の守護神野中選手がセーブし、これ以上の失点は許さまいとゴール前に立ちはだかる。 
八女の最後の猛攻を凌ぐと、36分には途中出場の8番笹隈選手にもゴールが生まれ、試合はそのままタイムアップ。
IMG_6394

最後は力の差を見せつけ、八女高等学校の挑戦を退け勝利した筑陽学園高等学校。
三回戦の相手は、インターハイ予選で苦汁を味わされた飯塚高等学校との再戦となった。 
IMG_6415