IMG_9215
連日熱戦が続いている『第99回 全国高校サッカー選手権 福岡大会』。コロナの影響でサッカーを出来なかった選手達に、少しでも良い環境でやって欲しいという想いが伝わっている様に、秋晴れの素晴らしい天候が続いている。
今日の二回戦も2会場に分かれて行われたが、後の移動と、今年取材が出来てない高校を少しでも目に焼き付けたくて、春日市にある春日公演球技場に足を運んだ。
第1試合の「豊国学園高等学校×飯塚高等学校」、第2試合の「筑紫台高等学校×筑紫高等学校」の試合は、両試合とも最後まで胸が熱くなり、そして息を飲む、1点を争う好ゲームとなった。

IMG_9220
豊国学園高等学校 スタメン
GK 1 中島 翔真
DF 2 松岡 騎士 13 西岡 智哉 20 河合 良紀 24 橋村 拓智
MF 6 原 孝成 7 丸山 裕貴 8 三上 大翔 14 駒山 友星 19 小幡 仁将
FW  10 八田 涼冴

IMG_9219
飯塚高等学校 スタメン
GK 1 竹内 諒馬
DF 3 早川 輝 4 川前 陽斗 
MF 6 山本 侑弥 7 黒木 翔海也 10 宮川 開成 19 吉田 龍介 
FW 9 高尾 流星 11 赤嶺 泰地 17 村越 琉威 18 赤間 祐稀

IMG_9224
青のユニフォームの飯塚高等学校(以下、飯塚)は、試合開始と同時にボールを支配し、守備ブロックを形成する豊国学園高等学校を揺さぶり続けた。
開始6分、センターバックの3番早川選手のロングフィードを見事なトラップで収めた17番村越選手の優しいクロスに、18番赤間選手がシュートを放つが、豊国のゴールキーパー中島選手の好セーブの前に、先制点とは成らず。9分には、左コーナーキックのチャンスに、3番早川選手が頭で叩きつけるも、バーに嫌われノーゴール。
IMG_9226
全員が集中した守備で、一瞬の隙を狙おうとする豊国にもチャンスが巡って来る。22分、中盤でボールをカットした6番原選手が19番小幡選手とのワンツーで抜け出そうとすると、ペナルティーエリア手前の絶好の位置でフリーキックを獲得。しかし、24番橋村選手が直接狙ったボールは、惜しくも壁に当たり、チャンスを生かせなかった。
IMG_9234

先制する事で、さらに優位にゲームを進めたい飯塚に、待望の先制ゴールが生まれる。28分、右からの17番村越選手のクロスはクリアされるが、こぼれ球に素早く反応した10番の宮川選手。ディフェンスの間に、まるで小野伸二選手の様な柔らかいパスを通すと、これを受けた9番高尾選手も見事なボールコントロールでピタリと収めると、ゴール左隅に流し込むゴラッソを決め、飯塚が欲しかった先取点を挙げる。
IMG_9235

IMG_9252
先ずは同点に追いつきたい豊国だったが、ボールを奪ってからなかなか攻撃に繋げられず、シュートまで持って行けない。後半に入っても、飯塚ペースで試合は進み何度も決定機を迎えるが、そこに立ちはだかったのが九国の守護神中島選手。身長は168センチとゴールキーパーとしては小柄ながらも、19本のシュートを浴びながらも、ゴール前に立ちはだかり、味方の反撃を信じ続ける。 
アディショナルタイム3分、豊国は最後の力を振り絞り猛攻を仕掛けたが、同点に追いつく事が出来ずタイムアップ。
飯塚は1ゴールながらも、2試合続けてクリーンシートで勝利し、三回戦へと駒を進めた。
IMG_9258