2020年11月28日の『高円宮杯 JFA Uー18 サッカー スーパープリンスリーグ九州』の試合後の、東福岡高等学校サッカー部の、森川英智選手と岩井琢朗選手のコメントです。

IMG_0044
MF 2 森川 英智 選手
Q 試合の感想をお願いします。
「前半立ち上がりに失点して、流れが少し悪くて、後半も自分達のサッカーが出来ず、失点が重なってしまって、課題が残る試合でした」
 
Q 全国レベルの相手と戦って、新たに見つかった課題は?
「自分達のサッカーはサイドからの攻撃なんで、そこの攻撃の部分では、サイドを使ったクロスからのシュートとかが課題だし、守備としてはまだ、ラインの上げ下げが出来て無かったり。球際とかで、負けていたりしたので、そこが課題として残ったと思います」

Q 全国大会まで1ヵ月、ご自身でレベルアップしたい部分は?
「自分は県大会で、クロスの部分がちょっと課題として残ったので、そこをこの1ヶ月で仕上げて、全国大会ではやっぱり、自分のクロスから点が奪えたり出来たら、良いかなって思います」

Q 選手権大会の目標は?
「全国制覇です!」

Q 最後に、応援して下さる方々にメッセージを。
「今年はコロナって状況で、やっぱり大会が無くなったので、この選手権に賭けている想いが強いので、そこで自分達のサッカーをして、全国制覇目指して頑張るので、応援よろしくお願いします」 

IMG_0106
MF 8 岩井 琢朗 選手
Q ベンチから見てた時、試合状況をどう感じていましたか?
「ビルドアップから上手く行っていなくて、全部相手にセカンドボール拾われて、攻撃出来る回数が減って、ずっと守備に回っていた。自分が出たら、そこの流れを変えて点取って、チームに勢いづけようとしたんですけど、出来なかった。そこが課題として残ったので、選手権までの残り1ヶ月、修正して行きたいと思います」

Q 全国大会では、どんなプレーをしたいですか?
「自分の特徴であるドリブルからシュートって所を、これからも出して行きたい。その為には、練習が必要だと思うので、集中して行きたいと思います」

Q ずばり目標は?
「優勝。日本一です!」