IMG_0026
東福岡高等学校の優勝で幕を閉じた「第99回 全国高校サッカー選手権 福岡大会」。最後に残っていた神奈川県の代表校も決まり、48校全て出揃った。12月31日の開幕まで残り1ヶ月、選手達は最高の状態で迎えられる様に、チーム、自分への課題へ取り組み、日々トレーニングを行っているであろう。
今年は例年の様なプレミアリーグやプリンスリーグが行えず、各地区での代替えリーグ戦が行われていた。九州でも2グループに分かれ、「高円宮杯 JFA U−18 サッカー スーパープリンスリーグ 2020 九州」で熱戦が繰り広げられた。そして本日、Aグループ首位の東福岡高等学校(以下、東福岡)と、Bグループで圧倒的な強さで首位になった大津高等学校(以下、大津)による、優勝決定戦が春日公園球技場で行われた。
IMG_0037
残念ながら大津は熊本県代表にはなれなかったものの、プレミアリーグに所属する全国レベルの強豪校である。今年全国レベルの戦いを経験出来なかった東福岡にとっては、肌で色々感じ取れる、収穫の多い試合になるはず。結果から言えば、攻撃では無得点、守備では大量失点と大敗してしまったが、全国大会前に、多くのモノを得られた試合だったと思うし、今後に繋げて行かねばならない貴重な90分間だった。ここから更に厳しいトレーニングに励み、全国では更に成長した東福岡の選手達が見れるはずだ。

IMG_0039
東福岡高等学校 スタメン
GK 1 原 勇輝
DF 2 森川 英智 4 野口 明 13 本田 良輔 22 岩村 彰大
MF 7 青木 俊輔 10 上田 瑞季©️ 11 遠藤 貴成 16 松永 響 30 中平 大介
FW  20 日高 駿佑

IMG_0040
大津高等学校 スタメン
GK 16 佐藤 瑠星
DF 4 本多 陸也 5 猪谷 匠 6 金子 遼太郎
MF 7 大島 清 8 藤井 瑛斗 11 森田 大智 14 杉山 佳宏
FW 9 半代 将都©️ 11 宮原 愛輝 13 坂本 充 

県決勝から2人メンバーが変わっていた東福岡。対して大津は、ベストメンバーを揃えて来たようだ。
試合開始から、ペースを握った大津。福岡県内ではあまりいない3バックを敷き、後ろから選手がどんどん追い越す迫力ある攻撃で、東福岡ゴールに襲い掛かった。
守勢に回った東福岡に対し、小気味良くパスを繋ぐと、開始10分先制に成功する。中盤でパスカットをするとペナルティーエリアに進入し、東福岡の最終ラインを崩すと、最後は11番宮原選手が強烈なシュート。バーに当たったシュートは、ゴールラインを超えたのが認められ、大津が幸先良く先取点を奪った。
IMG_0046
IMG_0047

IMG_0071
先に失点を許してしまった東福岡も反撃に出たいが、大津の統率の取れた守備網に掛かり、なかなかシュートまで持って行けない。23分にカウンターのチャンスから、裏に抜けた20番日高選手がシュートまで持って行こうとしたが、ピンチを予測し直ぐに帰陣した5番猪谷選手にスライディングでカットされてしまった。ピッチを広く使ってチャンスを作る大津に、前半の内には追加点は奪えなかったが、試合の主導権は完全に大津に。いつもの様なゲームが出来ない東福岡は「切り替えが遅い」とピッチ内から声を掛け合い、修正しようとするが出来ず、大津1点リードで前半を終えた。
IMG_0058



後半頭から3番千代島選手と8番岩井選手を投入し、試合の打開を図った東福岡だったが、大津の攻撃が爆発した。48分、ゴール正面で倒された11番宮原選手。自ら得たフリーキックのチャンスを、ゴール左上隅に見事なシュートを突き刺し2−0に。
IMG_0094
IMG_0098

後半開始早々点差を広げられてしまった東福岡も、51分、59分と立て続けに8番岩井選手がシュートまで持って行くが、大津のゴールキーパー佐藤選手の好セーブの前に塞がれ、なかなか1点が返せない。60分、72分には自分達のミスから、9番半代選手に立て続けにゴールを許し4−0に。
85分には途中出場の18番長友選手、89分には半代選手にハットトリックを決められ、6−0と大差をつけられてしまった。
IMG_0110
IMG_0112

最後に意地を見せたい東福岡も、アディショナルタイムに8番岩井選手が果敢にゴールを狙うが、ここでも佐藤選手の牙城を崩せずタイムアップ。
大津高等学校が強さを見せつけ、「高円宮杯 JFA U−18 サッカー スーパープリンスリーグ 2020 九州」を飾った。
IMG_0132
IMG_0130