th_IMG_6866
福岡大学サッカー部 乾 真寛 監督
「試合全体を通じての決定機っていう意味では、前半の大﨑が1対1になったシーンは、ボールの奪い方も、ボールの動かし方も、最終的に相手のディフェンスラインを崩しての形だった。
今日3点くらいは決定機というのが全体的にあったので。 向こうはターンオーバして、普段リーグ戦に出ていない選手達だったので、運動量はそんなに高くなかったし、ある程度ボールの動かし方っていうのは事前にプランしていたものに対しては対応出来ていた。その意味では先に先制したかった。結局今日はPKでの決着になったんですけど、先手を取りたかったんで、先制点獲れなかったのが悔いが残る。
現状、プランした戦いとか、守備とかは100%近い確率で出来ていたので。最終ラインも落ち着いて対応出来ていたし。ゴールキーパーの中野に至っては、公式戦初先発で全くその事を感じさせないくらい、キックも飛んでいたし、良い守備だったので褒めてあげたい。シーズンの序盤で、これだけのゲームが出来たので。去年もインカレの時に法政大学に、こういう流れの中から勝ち切って来たので、あとこれで1点獲れればと思う。今、攻撃の鶴野(怜樹)と北條(真汰)という選手が居ないので、二人が居たらもっと得点機という所の部分は作り出せたかなと思う。現状の力としては、今日我々は何か悪かった訳ではないし、やるべき事はキチッとやれたゲームだった。ただ、ちょっと残念ながらゴールが微笑まなかっただけで、それ以外のプレーは本当に気持ちも入っていたし、延長含めて相手より充分運動量もあって、最後までキチンと戦えていたと思う。フェアに激しく戦って、プロ相手に挑戦出来たと思う。
内容は勝ちゲームなんですが、サッカーなんて1点入るか入らないかで変わるので。PK戦は、岡田(18番)と永田(8番)はそもそも思いっきり蹴るタイプなんで・・・(苦笑)。
今日は内容にはとても満足していますし、良い戦いはしたと思うので、何も悔いは無いです。去年ベスト4って所に指が掛かって、PK戦で獲れなかったので。今年はベスト4以上に行ける様に、去年のメンバーが8人以上残っているので、最終的にはそこが狙えるチームにしたいなって思います」 

th_IMG_6891
MF 8 永田 一真 選手(4年生 岡山学芸館)
Q 今日の試合、どの様なプランで挑みましたか?
「ギラヴァンツのサイドバックの裏が、すごく空いているという事だったので、奪ったら先ずそのポケットに流し込んで、そこから攻めるって事と。しっかり繋いで、サイドからクロスで仕留めるという事をやろうと決めていて。守備の所では、結構パスサッカーをしていたので、ボランチに入ってからの縦パスとかが多くて、あとサイドチェンジでミスマッチになっているので、そこを中は閉めて。僕らシャドーが中に入り過ぎずに、ボランチを1個を出して、相手のサイドバックを見る所までは、しっかりやれていた。試合中もハマってとてもやり易かったですし、スカウティング通りにやる事が出来ました」

Q 決定機もありました。足りないのはゴールだけでした。
「決定機を作ったっていうのは、それまで後ろが繋いでくれたからなので、前が決めるだけなんですけど。そこを決めきれなかったっていうのは、フォワードとしての仕事が出来ていなかったので、自分の存在的にも意味が無くなってしまうので、決める事をもっと徹底しないと。決めていればペースを握れていただろうし、追加点も奪える事が出来たと思うので、その差が結果に出てしまったと思います」

Q 今いるベストなメンバーで、精一杯戦いました。今後にどう繋げて行きますか?
 「鶴野(怜樹)と北條(真汰)が居ないと、得点力が無いと言われるのは事実なんで。それが言われなくなる様に、前線の選手は得点を決めて、先ずリーグでは優勝する事を目標にやって行きたいと思います」

Q 最後に、福岡大学サッカー部を応援してくださる方々にメッセージを。
「今日はスタジアムに足を運んで下さり、本当にありがとうございました。勝ち切れなかったんですけど、自分達の特徴は出せたと思うので、最後のクオリティの所をもっと仕上げて、受け繋がれて来た福大のDNAをもっと強固にして、全国で関東や関西の強豪の大学に勝てる様なチームに作り上げて行きたいと思いますので、期待していてください」

th_IMG_6879
GK 1 中野 翔 選手(2年生 秀岳館)
Q この結晶の舞台で、公式戦初スタメンだったそうですが?
「精神的には、全然落ち着いてやれていたし、全然通用する部分の方が多かったので。あとは最後PKで、勝利に繋がるセーブが出来なかったっていうのが、悔しかったです」

Q 90分間無失点で終えられたのは、大きな自信になったんじゃないですか?
「ディフェンスラインのみんなが、しっかり体を張って守ってくれて。決定機というのは止めた1本だけだと思うので、今日の試合は守備陣に感謝したいです」

Q 始まったばかりの今シーズン、今後の抱負を聞かせてください。
「今日の悔しさをしっかりバネに練習して、次はしっかり結果に繋がるようなプレーをしたいです」